香川県医師育成キャリア支援プログラム 専門医および総合医の育成を目的とした研修プログラム。
対象:若手医師、Uターン・Iターンの医師、子育て後の女性医師等
詳しくは、>>


小児科専門研修コース

研修の特徴・目標

  1. 小児科学会の教育施設において、小児科医として必須の手技、経験が望ましい手技を経験し、小児科専門医の資格の取得を目指すとともに、より専門性の高いサブスペシャリティの資格の取得を支援します。
  2. 地域小児研修により、地域の一般病院で小児科医としての経験を積むことができます。
  3. 年2回程度、指導医師連絡会や研修医報告会を開催し、それぞれの研修医の状況や今後の希望を踏まえた研修内容の検討を行うとともに、指導医師対象の講習会を実施し、指導医師の質の確保・向上を図り、魅力的な研修プログラムを提供します。
  4. 関連学会及びセミナーの参加、論文発表等の学術活動が可能です。

ローテーション例

小児専門研修A 香川大学医学部附属病院、高松赤十字病院、四国こどもとおとなの医療センター
小児専門研修B
(地域小児を選択可)
県立中央病院、高松市民病院、香川県済生会病院、屋島総合病院、高松平和病院、坂出市立病院、さぬき市民病院、内海病院、土庄中央病院、滝宮総合病院、三豊総合病院

※「専門研修A」は、専門医の取得要件において1年以上を確保する必要があります(学会の要件では6月以上)。
※「専門研修B」において、地域病院での地域小児研修を選択できます。

小児科専門研修の支援体制

研修病院での指導体制のほか、香川県内の中核医療機関が連携して、研修のサポートや参加者と病院との調整など、研修を支援、コーディネートします。

氏名 所属
日下  隆 香川大学医学部教授
幸山 洋子 高松赤十字病院第一小児科部長
横田 一郎 四国こどもとおとなの医療センター臨床研究部長

研修奨励補助

研修に参加した医師に対して、香川県が研修奨励金を補助します。

+index +小児科専門研修コース