選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川県職員採用案内
〒760-8570
香川県高松市番町四丁目1番10号
人事委員会事務局
総務・任用グループ:
087-832-3712

県の仕事 プロジェクト編

「かがわ希少糖ホワイトバレー」プロジェクト

商工労働部産業政策課 糖質バイオ・健康関連産業振興グループ
主事 古田理子(一般行政事務)

2013年入庁。産業政策課に配属。高松市出身。

「かがわ希少糖ホワイトバレー」プロジェクト

香川で生まれた世界に誇れる財産である「希少糖」を、新たな活力を生みだす成長産業に育てるため、大学での希少糖研究を強化し、希少糖を活用する企業を支援するとともに、希少糖のPRにも取り組みます。

古田理子の写真

現在の職務内容は?

 2013年度に策定した「香川県産業成長戦略」において、重点プロジェクトに位置づけられている「かがわ希少糖ホワイトバレー」プロジェクトに携わっています。
 私の業務は、国際見本市への出展などの希少糖PR事業や、各分野の関係者で形成された「希少糖戦略会議」を開催するネットワーク形成事業、希少糖の商品開発を進める企業への支援事業などです。
 希少糖は、甘味料としてだけではなく、医薬品や農業分野など、様々な分野での活用が期待されています。無限の可能性を持つ希少糖が「希少糖といえば香川、香川といえば希少糖」と呼ばれる一大産業となるよう、取組みを進めています。

県職員になってよかったと感じたこと

 入庁1年目から多くの経験をさせていただいたことです。
 香川県庁はOJT制度やトレーナー制度を実施しており、入庁1年目から担当業務を与えられます。社会人としての経験もない中、業務をこなせるのか、最初はとても不安でしたが、周りの方々の指導のおかげで、自分でできることが増えていきました。力不足もたくさん感じますが、自分の担当業務を与えられることにより、早く一人前になりたいという気持ちが強くなりました。事業を進めていく緊張感とやりがいを感じています。
 また、公務員と言えばデスクワーク、というイメージがありましたが、実際はそうとは限りません。私が担当しているだけでも、希少糖についてのイベント企画、情報発信、補助金の交付など、様々な種類の仕事があります。大学教授や一般企業の方などと関わることも多く、日々、たくさんの刺激を受けています。

受験者へのメッセージ

 県庁の業務は、想像していた以上に多岐に渡っており、どれも、いずれは香川県のためになる、素敵な仕事だと思います。私も、今は希少糖に関わっていますが、これからどのような業務に携わっていくのか、楽しみです。
 また、同期入庁が多いので、それぞれの悩みを相談しつつ、一緒に頑張っていける環境であるのも魅力です。受験勉強は大変でしたが、目指していた仕事ができる毎日は充実しています。頑張ってください。

掲載内容は、平成28年2月現在のものです。