選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります

Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > 水・生活環境 > 悪臭規制の概要
悪臭規制の概要
悪臭は、騒音、振動と同じく感覚公害の代表的なものであり、極めて低濃度であっても人に与える不快感は大きく、防止対策を講じることが難しい場合があります。本県では、事業場における事業活動に伴って発生する悪臭について、悪臭防止法に基づき、高松市など8市2町において規制地域が指定され、規制が行われています。

規制地域
高松市、丸亀市、坂出市、善通寺市、観音寺市、さぬき市、東かがわ市、宇多津町及び多度津町の一部地域、三豊市(全域)

 ※悪臭防止法の相談先は、各市町の窓口になっております。詳しくは管轄の市町にお問い合わせください。

■ 悪臭物質一覧表

悪臭防止法に規定する悪臭物質としては、昭和47年5月にアンモニア等5物質が指定され、その後、昭和51年9月には、二硫化メチル等3物質が、平成元年9月には、プロピオン酸等4物質が、平成5年6月には、トルエン等10物質がそれぞれ追加指定されました。本県では、同法に基づき、アンモニア等5物質については、昭和48年7月に、二硫化メチル等3物質については、昭和52年4月に、プロピオン酸等4物質については、平成3年4月に、さらに、トルエン等10物質については、平成7年12月に、規制地域の指定と規制基準の設定を行いました。
物質名
においの特徴
物質名
においの特徴
アンモニア
し尿のような臭い
メチルメルカプタン
腐った玉ねぎのような臭い
硫化水素
腐った卵のような臭い
硫化メチル
腐ったキャベツのような臭い
トリメチルアミン
腐った魚のような臭い
二硫化メチル
腐ったキャベツのような臭い
アセトアルデヒド
刺激的な青ぐさい臭い
スチレン
都市ガスのような臭い
プロピオン酸
刺激的な酸っぱい臭い
ノルマル酪酸
汗くさい臭い
ノルマル吉草酸
むれた靴下のような臭い
イソ吉草酸
むれた靴下のような臭い
トルエン
ガソリンのような臭い
キシレン
ガソリンのような臭い
酢酸エチル
シンナーのような臭い
イソブタノール
刺激的な発酵した臭い
メチルイソブチルケトン
シンナーのような臭い
プロピオンアルデヒド
甘酸っぱい焦げた臭い
イソブチルアルデヒド
甘酸っぱい焦げた臭い
ノルマルブチルアルデヒド
甘酸っぱい焦げた臭い
イソバレルアルデヒド
甘酸っぱい焦げた臭い
ノルマルバレルアルデヒド
甘酸っぱい焦げた臭い

■ 規制基準

1 敷地境界線における基準
22物質について、敷地境界線における規制基準は次表のとおり定められています。
(単位:ppm)
 
アンモニア
メチルメルカプタン
硫化水素
硫化メチル
トリメチルアミン
アセトアルデヒド
A区域
1
0.002
0.02
0.01
0.005
0.05
B区域
2
0.004
0.06
0.05
0.02
0.1
C区域
5
0.01
0.2
0.2
0.07
0.5
 
スチレン
二硫化メチル
プロピオン酸
ノルマル酪酸
ノルマル吉草酸
イソ吉草酸
A区域
0.4
0.009
0.03
0.001
0.0009
0.001
B区域
0.8
0.03
0.07
0.002
0.002
0.004
C区域
2
0.1
0.2
0.006
0.004
0.01
 
酢酸エチル
プロピオンアルデヒド
ノルマルブチルアルデヒド
イソブチルアルデヒド
ノルマルバレルアルデヒド
イソバレルアルデヒド
A区域
3
0.05
0.009
0.02
0.009
0.003
B区域
7
0.1
0.03
0.07
0.02
0.006
C区域
20
0.5
0.08
0.2
0.05
0.01
 
キシレン
トルエン
イソブタノール
メチルイソブチルケトン
A区域
1
10
0.9
1
B区域
2
30
4
3
C区域
5
60
20
6

2 気体排出口における基準
悪臭物質のうち、アンモニア、硫化水素、トリメチルアミン、プロピオンアルデヒド、ノルマルブチルアルデヒド、イソブチルアルデヒド、ノルマルバレルアルデヒド、イソバレルアルデヒド、イソブタノール、酢酸エチル、メチルイソブチルケトン、トルエン及びキシレンについて、その最大着地濃度地域における大気中の濃度が前表の規制値と等しくなるように、気体排出口における悪臭物質の流量の規制基準が定められています。

3 排出水に含まれる悪臭物質の基準
悪臭物質のうち、メチルメルカプタン、硫化水素、硫化メチル及び二硫化メチルについて、排出水から放散し、大気中で拡散した濃度が前表の規制値と等しくなるように、排出水中の悪臭物質の濃度の規制基準が定められています。