選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川の環境のトップページに戻ります  
本文へ

Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > 平成25年香川県地価調査結果について
お知らせ

平成25年香川県地価調査結果について

発表日:2013年9月19日

■地価調査制度とは

 地価調査は、毎年1回、県が実施するもので、地域ごとに標準的な画地(「基準地」といいます。)を選定し、基準地の価格調査を行い、その結果を公表する制度です。

 基準地の価格は、国が行う地価公示と併せて、一般の人が行う土地取引や資産評価の客観的な目安として活用されているほか、公共事業用地の取得価格算定の基準などとされています。

○価格時点 平成25年7月1日

○基準地の価格の判定
 基準地の価格は、単位面積(1平方メートル)当たりの正常な価格で、不動産鑑定士の鑑定評価を求め、その結果を審査、調整して判定しました。
 正常な価格とは、売り急ぎや買い進みなどの事情のない土地取引で通常成立すると思われる価格です。

○対象地域・基準地数
◎対象地域:県下全市町
◎基準地数:182地点

■平成25年地価調査結果の概要

1.対前年平均変動率

(1)用途別対前年平均変動率は、住宅地がマイナス3.9%、商業地がマイナス4.9%、全用途平均がマイナス4.2%となっています。

(2)市町別対前年平均変動率
 住宅地の対前年平均変動率を市町別にみると、多度津町がマイナス5.8%で最も下落率が大きく、次いでさぬき市がマイナス5.4%、東かがわ市がマイナス5.3%、善通寺市がマイナス5.2%の順となっています。
 商業地では、坂出市及び観音寺市がマイナス6.7%で最も下落率が大きく、次いで東かがわ市がマイナス5.9%、善通寺市がマイナス5.4%となっています。

2.平均価格

(1)用途別平均価格
 県全体の宅地の用途別平均価格は、住宅地が34,300円(1平方メートル当たり、以下同じ。)、商業地が77,300円、全用途平均が42,100円となっています。

(2)市町別平均価格
 住宅地の平均価格を市町別にみると、高松市が48,400円で最も価格が高く、次いで宇多津町が37,100円、丸亀市が36,200円となっています。 商業地では、高松市が112,600円で最も価格が高く、次いで丸亀市が75,800円、善通寺市が67,700円となっています。

★ 基準地ごとの価格など、詳細については、
   ⇒平成25年香川県地価調査基準地価格 [PDF:258KB]
     平成25年地価調査基準地価格一覧表 [PDF:101KB]

★ 地価調査に関するお問い合わせは、
   環境政策課 総務・土地利用計画グループ
   TEL:087-832-3210
   FAX:087-806-0227