選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります

Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > 平成28年度ガンカモ類等の生息調査を実施しました
報道発表資料

平成28年度ガンカモ類等の生息調査を実施しました

発表日:2017年3月10日

 日本におけるガン・カモ・ハクチョウ類の冬季の生息状況を把握し、野生生物行政(感染症対策等を含む。)に必要な基礎資料とするため、ガンカモ類の生息調査を実施するとともに、漁業や生活環境に被害を発生させているカワウの生息情報の把握のため、カワウの個体数調査も併せて実施しました。
 なお、調査は全国一斉調査です。

1 調査時期
平成29年1月8日(日)〜1月22日(日)
2 調査箇所数
189箇所(昨年度 188箇所)
3 観測総数

ガン・カモ類 19,116羽(昨年度 18,561羽)
カワウ     2,289羽(昨年度 2,020羽)

4 調査者
日本野鳥の会香川県支部
5 調査結果の概要
○観測総数は19,116羽で平年並みである。
○希少種については、飛来が確認できなかった。
(1)ガン類 : 今年度の調査では、確認できなかった。
(2)カモ類 : 146箇所において16種、19,116羽のカモ類を確認。

●観察数が多かった種(上位5種)

H28年度観察数(羽) H27年度観察数(羽)
ヒドリガモ 4,564 4,535
マガモ 3,298 2,880
ホシハジロ 2,592 3,270
コガモ 2,539 1,949
オナガガモ 1,186 995

●観察数が多かった調査地点(上位5調査地点)

調査地点 観察数(羽)
勝田池(三豊市) 985
土器川−蓬莱橋(丸亀市) 865
先代池(丸亀市) 518
満濃池(まんのう町) 504
新川,春日川河口 485

年度別カモ類飛来数

(3)カワウ : 189箇所において2,289羽を確認。

●観察数が多かった調査地点(上位5調査地点)

調査地点 観察数(羽)
羽間下池(高松市) 391
五分ヶ池(高松市−三木町) 372
奈良須池(高松市) 280
皿池(綾川町) 174
市営池(高松市) 103
[担当]
平成29年3月10日
香川県環境森林部みどり保全課
電話:087-832-3212