選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川の環境のトップページに戻ります  
本文へ

Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > 験型環境学習プログラム実施事業 団体募集
募集中

験型環境学習プログラム実施事業 団体募集

〜 学校等で環境学習を行っていただける団体を募集します! 〜

 香川県では、学校や地域における環境学習を支援するため、環境学習出前講座(環境キャラバン隊)を実施していますが、同講座の内容や質の充実を図るため、体験活動を通じた環境学習に関して豊富な知識や経験を有する県内の民間団体等の皆さんに、環境キャラバン隊として、小中学校等で体験型の環境学習プログラムを実施していただく「体験型環境学習プログラム実施事業」を平成25年度から開始し、平成26年度は、対象を幼稚園にも広げて行っています。
 引き続き平成29年度に環境キャラバン隊として体験型の環境学習プログラムを実施していただける団体を募集します。

平成29年3月24日
香川県知事 浜田恵造 

体験型環境学習プログラム実施団体応募要領

 1 体験型環境学習プログラム実施事業の流れ

  1. 環境キャラバン隊希望の団体が県に応募
  2. 県は、内容を審査し(団体の要件、プログラムの要件)、実施団体及びプログラムを選定
  3. 県は、選定したプログラムの実施希望を県内の小・中学校、幼稚園等に照会
  4. 県は、学校や園側の希望をもとに、実施校と実施プログラムを決定、該当団体に照会
  5. 該当団体は、学校や園と日程、実施内容等を調整の上、日程等を県に報告
  6. 県は、実施団体、学校に決定通知を送付。団体に仕様書を提示し、見積書の提出を依頼
  7. 実施団体は、仕様書に基づく見積書を県に提出
  8. 授業(プログラム)実施(平成29年7月〜平成30年2月)
  9. 実施団体は、授業(プログラム)終了後、実施報告書を作成
  10. 県は、実施報告書の内容を確認後、請求に基づき、支払

事業実施の流れ

 2 団体の要件

  1. 香川県内に本店若しくは営業所、活動拠点を有する民間企業、NPO法人その他の法人又は法人以外の団体であること。
  2. 地方自治法施行令(昭和22年政令16号)第167条の4の規定に該当しない者。
  3. 香川県物品の買入れ等に係る指名停止等措置要領(平成11年香川県告示第787号)に基づく指名停止措置を現に受けていない者。
  4. 宗教活動や政治活動を主たる目的とする団体又は暴力団若しくは暴力団員の統制の下にある団体でない者。
  5. 会社更生法(平成14年法律第154号)による更生手続開始の申立て又は民事再生法(平成11年法律第225号)による更生手続開始の申立てがなされていない者。ただし、次に掲げる者は、この要件を満たすものとする。
     @会社更生法に基づく更生手続開始の決定を受けた者。
     A民事再生法に基づく再生計画認可の決定(確定したものに限る。)を受けた者。
  6. 香川県税に滞納のない者であること。
  7. 環境学習に関する豊富な知識・経験を有し、小中学校、幼稚園等で幼児や児童等を対象に、プログラムを実施できる人員が所属していること。

 3 プログラムの規格・要件

  1. 参加型の体験活動を通じて、環境保全についての理解と関心を深めるためのテーマを取り入れたもの。(平成24年度、平成25年度に県が作成した4つのプログラム(※)を含む))
     ※平成24年度、平成25年度に県が作成した4つのプログラム
      @「たべものがたり」
      A「みずものがたり」
      B「葉っぱの不思議な力」〜地球の緑 観察入門〜
      C「ごみものがたり」
    上記プログラムを提案する団体が複数ある場合は、日程や活動状況等を考慮の上、実施団体を県が決定します。
  2. プログラムの内容がストーリー性を持ち、体験や遊びの要素を備えているもの。
  3. 学校の総合学習などの授業や幼稚園での活動における実践が無理なく導入できるもの。なお、演示用・グループ用の教材を必要とする場合、学校や幼稚園での準備が容易にできるものとする。
  4. プログラムの実施に伴うリスクの予測及びその対処法が的確に示されているもの。なお、屋外活動をプログラムの内容に含んでいる場合は、雨天時の対応についても的確に示されているものとする。
  5. 県はプログラムの実施に係る経費を支給するが、1箇所当たり30,000円(幼稚園対象のプログラムは、20,000円)を超える場合は30,000円(幼稚園対象は、20,000円をを支給するものとする。また、経費のうち講師謝金金額については一人当たり7,090円/時間を超えることはできない。

 4 応募方法

 実施を希望する団体は、応募申込書(様式1)及びプログラム提案書(様式2)に必要事項を記入・押印のうえ、提出してください。(郵送可能)

  1. 提出先及び提出方法
     下記 問合せ先まで持参又は郵送(期限内必着)
  2. 提出部数
     応募申込書(様式1)      1部
     プログラム提案書(様式2)  7部(正本1部、副本6部)  ※プログラム毎に作成
  3. 受付期間
     平成29年3月24日(金)〜平成29年4月13日(木)まで
     (窓口受付時間)  8:30〜12:00、13:00〜17:15(土・日曜日、祝日を除く。)
  4. その他
     提案いただくプログラム数についての制限は設けません。
     期間内に提出がなかった場合又は提出書類に不備があった場合は、受付できません。

 5 選定方法

 選定は、提出書類とプレゼンテーションにより、県に設置する選定委員会において、団体及びプログラムの要件審査を行い、実施団体及びプログラムを決定します。(団体の要件及びプログラムの要件を全て満たしていることを要件とします。)
 なお、3の1.の4つのプログラム及び過去の体験型環境学習プログラム実践事業で選定したプログラムについては、プレゼンテーションは省略します。

※審査の結果、選定させていただいても、学校や幼稚園に実施希望照会を行った結果、学校や幼稚園からの応募がない場合等、実際に授業(プログラム)が実施できないこともあります。

※なお、授業内容等は学校や幼稚園と調整の結果、提案どおりにならない場合があります。(仕様書の提示に基づき、授業内容等の調整をお願いいたします。)

【プレゼンテーションの実施】

@日時及び場所
平成29年4月下旬、県庁内会議室での実施を予定。

Aプレゼンテーションの方法
プレゼンテーションの実施時間及び方法については、別途通知します。

 6 審査結果の通知

 選定委員会終了後、速やかに、応募団体に対して、審査結果を通知します。
 なお、審査結果に関する質問については、一切受け付けません。

 7 個人情報等の取扱い

 選定した団体及びプログラムに関する情報等につきましては、個人情報として次のとおり取り扱わせていただきますので、あらかじめ御了承の上、ご応募ください。

【一般への情報提供】

 学校や幼稚園に実施希望を照会するため、団体名、団体の種別(企業、NPO法人、ボランティア団体等)、プログラム提案内容(写真も含む)を公開します。
 また、授業(プログラム)を実施していただいた際の写真については、ご承諾いただいた上で、ホームページ等で公開することがあります。

【学校や幼稚園への情報提供】

 県が学校や園側の希望を基に調整し、実施校(園)として決定した学校や幼稚園に対しては、団体の連絡先など、県にご提出いただいた全ての情報を提供します。

 8 その他

  1. 提出書類の作成及び関係書類の提出等に要する費用は、全て提案者の負担とします。
  2. 提出書類は返却しません。
  3. 本件募集は、平成29年4月1日以降で、当該予算の執行が可能となったときに、効力が生じるものとします。

 9 問合せ先

〒760−8570
 香川県高松市番町四丁目1番10号
 香川県環境森林部環境政策課 環境マネジメントグループ 橋本・西
 TEL:087−832−3213  FAX:087−806−0227
 E-mail:kankyoseisaku@pref.kagawa.lg.jp

 様式ダウンロード


[担当]
香川県環境森林部環境政策課
環境マネジメントグループ

関連リンク