香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > 水・生活環境 >水・土壌環境 >飲料水の水質試験を依頼するには
飲料水の水質試験を依頼するには
 

皆さんが、いつも何気なく使っている井戸水などの飲料水は、安全ですか?

  • 飲み水や炊事など人の体に入る水は、「水道水」をおすすめします。やむを得ず井戸水などを飲む場合は、衛生確保のため、検査結果の適否にかかわらず、煮沸消毒や塩素消毒により殺菌を行いましょう。ただし、煮沸消毒や塩素消毒をおこなっても、殺菌等が十分とならない病原生物が存在する場合があるので、特に、乳幼児や高齢者の方などは、井戸水などの飲用は控えてください。
  • 新たに井戸を設置した場合、安全確認のため、給水前に水道水質基準51項目について水質検査を受けましょう。
  • 井戸水は周囲の環境から影響を受けやすいので、定期(年に1回)・臨時の水質検査を行いましょう。日頃から水の色や濁り、味、臭いに注意しておきましょう。
  • 井戸周辺にみだりに人畜が立ち入らないようにし、清潔保持に努めましょう。
  • 水質基準を超える汚染が判明した場合は直ちに飲用を止め、すみやかにお住まいの市または保健福祉事務所に相談してください。
  • 保健福祉事務所・小豆総合事務所では、日時を定めて、井戸水などの飲料水の水質試験を有料で受け付けています。安全な水を飲むためにも、年に一度は水質試験を受けましょう。

井戸水を飲用に使っている皆様へ

■井戸水の水質は変動します
  • 井戸水の水質は、変動しますので、定期的(年に1回程度)に、基本的な項目(一般細菌、大腸菌、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素、塩化物イオン、有機物、pH、味、臭気、色度及び濁度)やこれまでの水質検査結果等から判断して、必要な項目について水質検査を行いましょう。

■新たに井戸を設置したとき