選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります

Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > 環境レポート > 観音寺市立大野原小学校の6年生が森林環境学習に訪れました
観音寺市立大野原小学校の6年生が森林環境学習に訪れました
所 : 
香川県森林センター
時 :
平成24年11月20日(火曜日) 9:15〜11:00
参 加 者 :
観音寺市立大野原小学校 6年生92名 、教員4名

 大野原小学校では旧五郷小学校から引き継いだ学校林での活動を11月末に行っています。それに向けて、活動の中心となる6年生が森林・林業に興味を持ち、学校林活動に対して理解を深められるよう実施しました。

所長から挨拶とここでのルール説明がありました。 まずはじめに林業普及指導員から樹木の見方や紅葉の仕組みについて話がありました。
木の葉のしおりやクラフトに使えそうなものを集めましょう。 何を見つけたのかな?
集めた葉をバランスよくパウチフィルムにはさみます。 秋がつまった素敵なしおりができましたね。
木の実や小枝、木の輪切りなど自然素材を使ってオリジナルのクラフトを作りましょう。輪になることで効率よく作業できました。 赤い実を使って、秋らしい作品ができましたね。
山のおいしい空気を吸い、樹木に親しみ、自然素材に触れたことで森林・林業に興味をもってもらえたでしょうか。 所長から手作りのお土産がありました。森林センターの山にあるヒノキ間伐材の先端部分を小物かけにしたものです。
クラスごとに贈られた小物かけ。見るたび、森林・林業に思いをめぐらせてもらえると嬉しいです。 学校林活動で皆さんが活躍することを期待しています。また来てくださいね!

(香川県森林センター 林業普及指導員)

関連リンク