選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ

Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > 環境レポート > 種とり・精選作業をしています(マツ編)
種とり・精選作業をしています(マツ編)
所 : 
香川県森林センター
時 :
11月〜1月

 森林センターでは香川県の山に植えられる木の種子を生産、販売しています。
 園内の採種木に実った球果が熟してはじける前に採取し、乾燥させて種子を出し、精選します。
 ふだん目にする機会がないこれらの作業に関心を持っていただこうと、現場を取材しまとめました。

球果採取(11月)

果も落とします。 落ちてきた球果を拾い集め、家系ごとに袋に入れます。 マツの種子は球果(まつかさ)の中に入っているので、開いていない青いうちに収穫します。

高枝ばさみを持って高い脚立に登り、さらに木に移って高所の球果も落とします。

落ちてきた球果を拾い集め、家系ごとに袋に入れます。

マツの種子は球果(まつかさ)の中に入っているので、開いていない青いうちに収穫します。

球果天日乾燥(12月)

大きいクロマツの球果はビニールシートに広げ、天日に当てて乾かします。 家系が分かるよう、木の輪切りに名前を記しています。 アカマツの球果は小さいので、バットに入れて乾燥させています。

大きいクロマツの球果はビニールシートに広げ、天日に当てて乾かします。

家系が分かるよう、木の輪切りに名前を記しています。

アカマツの球果は小さいので、バットに入れて乾燥させています。

雨が降りそうになるとビニールをかぶせます。常に空模様を気にしなくてはなりません。 耳をすませるとカチッカチッと聞こえるようになりました。乾燥が進み、球果が開いている音です。 このように、翼をもった種子が入っています。

雨が降りそうになるとビニールをかぶせます。常に空模様を気にしなくてはなりません。

耳をすませるとカチッカチッと聞こえるようになりました。乾燥が進み、球果が開いている音です。

このように、翼をもった種子が入っています。

種子採取(12月〜1月)

しっかり球果が開いたら、中の種子を取り出します。 すでに外に出ている種子もたくさんありますね。 両手に球果を持ち、コツコツと叩き合わせて落としていきます。

しっかり球果が開いたら、中の種子を取り出します。

すでに外に出ている種子もたくさんありますね。

両手に球果を持ち、コツコツと叩き合わせて落としていきます。

家系ごとに重さを量り、記録します。 紙袋に家系の名前を書いている様子です。 この紙袋には熊本県で選抜され昭和60年に開発された抵抗性アカマツ「松島ア70号」の種子が入っています。

家系ごとに重さを量り、記録します。

紙袋に家系の名前を書いている様子です。

この紙袋には熊本県で選抜され昭和60年に開発された抵抗性アカマツ「松島ア70号」の種子が入っています。

まだ翼が付いています。 森林センターの採種園にある抵抗性クロマツ13家系、抵抗性アカマツ30家系の種子を採取しました。  

まだ翼が付いています。

森林センターの採種園にある抵抗性クロマツ13家系、抵抗性アカマツ30家系の種子を採取しました。

 

種子精選(2月)

これからは屋内での作業が主になります。 バットに移しかえ、手のひらに力を入れてこすり合わせます。 翼が落ちて、まるい種子が見てとれるようになりました。

これからは屋内での作業が主になります。

バットに移しかえ、手のひらに力を入れてこすり合わせます。

翼が落ちて、まるい種子が見てとれるようになりました。

バットの底は網になっていて、砕けた翼が粉になり、下にたまった状況です。 種子を何度も上下に飛ばすことで、重い種と軽い種に分けることができます。(風選) 先の方に寄った種子は中身が不十分で軽いため、息を吹きかけるとゴミと一緒に飛ばされます。

バットの底は網になっていて、砕けた翼が粉になり、下にたまった状況です。

種子を何度も上下に飛ばすことで、重い種と軽い種に分けることができます。(風選)

先の方に寄った種子は中身が不十分で軽いため、息を吹きかけるとゴミと一緒に飛ばされます。

最後に細かなゴミ取りです。 混じり物がないことで正確な重さを量ることができるうえ、取り扱いがしやすくなるのです 天日干しをした場所にあるモミの木の葉や小石が混じっていました。

最後に細かなゴミ取りです。根気のいる大変な作業ですが、おかげで高い信用を得ています。

混じり物がないことで正確な重さを量ることができるうえ、取り扱いがしやすくなるのです。

天日干しをした場所にあるモミの木の葉や小石が混じっていました。

ふくよかでかわいらしいマツの種子    

ふくよかでかわいらしいマツの種子です。

   

前回お届けしたヒノキ・スギの種子、今回のマツの種子はどうなっていくのでしょう。
次回は森林センターの試験室からお届けします。

(香川県森林センター 林業普及指導員)

関連リンク