選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ

Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > 環境レポート > 岡山県小田郡矢掛町財産区管理会の皆様が視察に来ました
岡山県小田郡矢掛町財産区管理会の皆様が視察に来ました
所 : 
香川県森林センター
時 :
平成27年11月9日(月曜日) 10:00〜11:30
参加者
16名(岡山県矢掛町財産区管理会・事務局)

 岡山県小田郡矢掛町美川・東三成・横谷・宇内財産区管理会委員の皆様が、現在森林センターで取り組んでいるマツノザイセンチュウ抵抗性育種事業の状況を視察されました。
 概要説明に続いて、採種園や苗畑等の見学を通して、松くい虫被害地におけるこれからの公有林の適正な管理運営に知見を深めていただきました。

概要説明・見学・意見交換

説明「香川県の森林林業の概要並びにマツノザイセンチュウ抵抗性育種について」 園内にある外国マツ(スラッシュマツ) 育種種子の精選作業

説明「香川県の森林林業の概要並びにマツノザイセンチュウ抵抗性育種について」

園内にある外国マツ(スラッシュマツ)

育種種子の精選作業

抵抗性マツの苗畑 コンテナ苗育苗施設 意見交換会

抵抗性マツの苗畑

コンテナ苗育苗施設

意見交換会


参加者からは「抵抗性マツであっても100%の抵抗性を有するものではないので、植栽後の防除も組み合わせて管理する必要があることを認識した。」との感想がありました。これからも県内外を問わず視察研修を受け入れて試験研究の成果の情報発信をしていきたいと思います。

(香川県森林センター 試験研究・育種育苗担当)

関連リンク