香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川のみどり百選

由良山(ゆらやま)

【市街地に近いみどり 17
位置:高松市 標高:120m
由良山(ゆらやま)
  由良山は、戦国時代からの採石跡が残るなど、地域の風土や産業との関わりがあります。ここで採石された石は、美しい色合いをもち、熱にも強く加工しやすいため、皇居東庭の敷石として採用されたほどです。戦後、輸入石材の流通が主流になるまで採石活動は隆盛を極めていました。また、「竜神の鎮座する聖なる山」ともいわれ、信仰の対象だけでなく、多くの民話や伝説の舞台として、古くから地域の人々に親しまれています。
  山の頂上からはほぼ360度の見晴らしを楽しむことができ、また、山の周辺には地元の団体が設定した史跡巡りコースがあり、由良角力土俵跡、石切場の跡、防空壕跡、洞窟などを巡ることができます。
琴電水田駅から南へ徒歩約40分。または琴電高松築港駅から琴電バス西植田線で約30分、由良バス停下車すぐで清水神社付近登山口へ
アクセス

琴電水田駅から南へ徒歩約40分。または琴電高松築港駅から琴電バス西植田線で約30分、由良バス停下車すぐで清水神社付近登山口へ。
車:県道12号線から県道156号線を北へ入りすぐ。


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.