粟島城ノ山(あわしまじょうのやま)歩道

詳細アクセスを見る

解説

 粟島は、詫間町の北部約4kmに位置する島です。古くは小さい3つの島でしたが、やがて潮流によって砂州ができ、それが結び合わされて現在のようなスクリュー型の珍しい一つの島を形成したものと考えられています。
  島には城山、紫谷山、阿島山の三山がそびえ、いずれも独立峰です。このうち城山は粟島の最高峰(222.1m)で、登山道が良く整備されており、頂上の展望台からは360度のパノラマの風景を見下ろすことができます。
 また、頂上にはかつて戦国時代に八倉弾正を城主とする粟島城が築かれていましたが、長宗我部元親軍により落城したと伝えられています。

見どころ

入り口の指導標
背後に城山を望む
荘内半島を望む

阿島山と東風浜

粟島港と紫谷山

粟島海水浴場とキャンプ場

粟島港より城山を望む