香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境>水・大気・生活環境> 水・土壌環境> 土壌及び地下水汚染対策 > 香川県生活環境の保全に関する条例(土壌及び地下水の汚染対策関係)について
香川県生活環境の保全に関する条例(土壌及び地下水の汚染対策関係)について
 平成20年3月25日、県民の健康で快適な生活環境の保全を図るため、「香川県公害防止条例」を改正し、「香川県生活環境の保全に関する条例」を公布しました。
 これにより、新たに土壌及び地下水の汚染対策の規定を追加し、平成20年10月1日から施行しています。
 (一部の規定(県民の責務)は平成20年4月1日から施行)

○条例の「土壌及び地下水の汚染対策」の趣旨

 
 土壌や地下水は有害物質などで一度汚染されると汚染影響が長期に及び自然浄化が困難であるため、土壌や地下水の汚染対策は、汚染を未然に防止し、汚染があった場合には、早期に対策を講ずることが被害の拡大を防ぐことにつながります。
 このことから、条例において、新たに土壌及び地下水の汚染対策を促進するための規定を盛り込んでいます。

○条例の「土壌及び地下水の汚染対策」の内容


1.特定有害物質の製造等(製造、使用、処理)を行う者に対する規定(条例第45条〜第48条)
 特定有害物質による土壌・地下水汚染を未然に防止するため、特定有害物質の製造等を行う者は、施設の点検や取扱量等の記録等が義務付けられています。
 また、事故により特定有害物質が地下に浸透した場合等には、応急の措置を講ずるとともにその内容等について知事に届け出なければなりません。

2.特定有害物質の製造等を行う又は行っていた事業場(特定有害物質取扱事業場)に対する規定(条例第49条・第50条、第57条〜第59条)
 特定有害物質取扱事業場の設置者は、特定有害物質による土壌・地下水の汚染の状況を調査するよう努め、当該調査等で汚染を発見したときは、その旨を知事に届け出るとともに、汚染原因の調査を行い、汚染原因者は汚染の拡大を防止する措置を行わなければなりません。

3.土壌汚染関係施設の廃止時の措置(条例第52条〜第59条)
 土壌の汚染を引き起こすおそれがある施設として土壌汚染関係施設を規定し、当該施設の廃止時に土地の所有者等は土壌汚染調査を行うとともに、汚染を発見したときは、施設の設置者は汚染原因の調査を行い、汚染原因者は汚染の拡大を防止する措置を行わなければなりません。
 なお、土壌汚染関係施設については、施設の設置者は、施設の設置・変更・廃止時等に知事に届出をすることが義務付けられています。
土壌汚染関係施設
土壌汚染調査の調査項目
地下タンク(消防法第10条第1項の製造所、貯蔵所又は取扱所に設置される地下タンクで、ガソリンを貯蔵するものに限る。) ベンゼン
射撃場(鉄砲で射撃を行う施設で、鉛を主成分とする弾丸を使用するものに限る。) 鉛及びその化合物

4.その他
 特定有害物質による土壌・地下水汚染の未然防止や早期発見、拡大防止のため、県民が守るべき責務(条例第44条)のほか、地下水が特定有害物質や油で汚染した場合の地下水の浄化措置について(条例第51条)や、土壌・地下水汚染対策として行った措置の記録を土地の所有者に引き継ぐこと(条例第60条)などを規定しています。
 ※特定有害物質とは?
 土壌汚染対策法に規定する特定有害物質と同じ物質で、カドミウム及びその化合物など25物質を指します。(性状等で下表のとおり第一種から第三種に分類しています)
(第一種特定有害物質)
(第二種特定有害物質)
(第三種特定有害物質)
四塩化炭素
1,2-ジクロロエタン
1,1-ジクロロエチレン
シス-1,2-ジクロロエチレン
1,3-ジクロロプロペン
テトラクロロエチレン
1,1,1-トリクロロエタン
1,1,2-トリクロロエタン
トリクロロエチレン
ベンゼン
ジクロロメタン
クロロエチレン
カドミウム及びその化合物
六価クロム化合物
シアン化合物
水銀及びその化合物
セレン及びその化合物
鉛及びその化合物
砒素及びその化合物
ふっ素及びその化合物
ほう素及びその化合物
シマジン
チオベンカルブ

チウラム
PCB
有機りん化合物

■問い合わせ先
香川県環境森林部環境管理課水環境グループ
      〒760-8570 高松市番町四丁目1番10号、TEL 087-832-3218、FAX 087-806-0228

その他