保健福祉事務所共通ページ

第一種・第二種動物取扱業

■ 第一種動物取扱業について

動物(実験動物・産業動物を除く哺乳類・鳥類・爬虫類)の販売、保管、貸出、訓練、展示、競りあっせん、譲受飼養を営利目的で業として行う場合は、第一種動物取扱業者として、事業所の所在地を管轄する保健所で、業種ごとに登録申請することが必要です。なお、この登録は、5年ごとの更新制です。

また、第一種動物取扱業者には、以下のような義務があります。

詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
 第一種動物取扱業者の規制について
 http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/trader.html(環境省ホームページ)

【手数料】

■ 第二種動物取扱業について

飼養施設を設置して、非営利で、一定数以上の動物の取扱い(動物の譲渡し、保管、貸出、訓練、展示)を業として行う場合は、第二種動物取扱業者として、飼養施設の所在地を管轄する保健所に届出を行うことが必要です。

詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
 第二種動物取扱業者の規制について
 http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/trader_c2.html(環境省ホームページ)

■ 手続き・お問合せ先

申請・届出の書類は、各保健所にあります。また、手続きには添付書類等が必要となる場合がありますので、詳しくは所在地を管轄する保健所までご相談下さい。


リンク