保健福祉事務所共通ページ

食中毒警報

食中毒警報について

1 目的

食中毒の発生が予想される場合に食中毒警報(以下「警報」という。)を発令し、県民及び食品取扱者に食品衛生に関する注意を喚起することによって、食中毒の発生を未然に防止するとともに、併せて食品衛生の知識の高揚を図る。

2 警報発令者

香川県健康福祉部長

3 警報の発令

生活衛生課において、高松地方気象台の気象情報及び香川県感染症発生動向調査により発令に必要な情報を収集し、原則として、次のいずれかに該当するときに警報を発令する。

4 警報の有効期間

警報は、発令日から7日間有効とし、その後は自動的に解除される。なお、さらに期間を延長する必要がある場合は再度発令する。

5 食中毒発令中の家庭における食品衛生

次の項目には特に気をつけましょう。


リンク