使い方
  1. TOP
  2. 義務教育課
  3. 情報教育の充実

義務教育課

情報教育の充実

ICT活用指導力向上研修

高度情報通信ネットワーク社会に対応した学校づくりのために、「各教科でのコンピュータやインターネットを活用した授業実践」や「情報モラル教育」に重点化した教員研修を実施し、概ね全ての公立学校教員がコンピュータを用いて指導できるための資質向上を図っています。

情報化推進リーダー養成研修

校内や地域等の各研修会における指導やハード整備・運用等の相談のための人材を育成します。

有害情報対策モデル地区推進事業について

1.趣旨

県内にモデル地区(モデル校)を設定し、モデル地区(モデル校)において、情報モラルの指導に関する先導的な指導など、有害情報から子どもを守るための取組を実践し、そこでの成果を県内に普及する。

2.有害情報から子どもを守るための今後の取組の方向性(通知)
 (平成20年12月17日・県教委)
(1)保護者に対する啓発を充実する
  • 保護者の自主的な啓発活動のための指導者の養成
  • 保護者に対する啓発資料等の作成
  • 保護者に対する啓発の場の充実
(2)子どもに対する情報モラルの指導を充実する
  • 情報モラルに関する指導内容の体系化
  • 先導的な取組の実践と成果の普及
  • 携帯安全教育の推進
  • 教員の資質の向上
(3)トラブルの早期発見・早期対応のための学校の取組等を支援する
  • 「ネット上のいじめ」等の対応のための相談機能の充実
  • 教員の資質の向上
  • 「ネット上のいじめ」等に巻き込まれた子どもの心のケア等の対応
3.モデル地区研究推進委員
研究推進委員長
鳴門教育大学准教授:阪根健二
モデル校
香川県立三木高等学校
三木町立三木中学校
三木町立平井小学校
三木町立田中小学校
三木町立氷上小学校
三木町立白山小学校
教育委員会関係
三木町教育委員会
高校教育課
生涯学習・文化財課
義務教育課
4.研究内容
(1)先導的な情報モラルに関する指導の実施
「子どもの携帯電話等の利用に関する実態調査」の実施
・児童生徒及び地域の携帯電話等の利用に関する実態把握
「情報モラル指導プラン」の作成
・実態調査に基づく授業案づくりとモデル校における授業の実施
・授業用ワークシート、資料の作成
(2)先導的な有害情報の監視体制の整備
  • ネットアドバイザーの活用
(3)フィルタリングの一層の普及等、モデル地区内の保護者への啓発活動
  • 「さぬきっ子安全安心ネット指導員」の養成
  • 保護者向け学習会の開催

有害情報対策モデル地区推進事業:Q&A

Q1
どうして有害情報対策モデル地区推進事業を行うのですか?
A1
急速に社会の情報化が進展する中で、子どもたちの情報活用能力をはぐくむとともに、情報化の影の部分の対応として、情報モラルの育成等も極めて重要になってきている。
そこで、県内にモデル地区(モデル校)を設定し、モデル地区(モデル校)において、情報モラルの指導に関する先導的な指導など、有害情報から子どもを守るための取組を実践し、そこでの成果を県内に普及するため。

※児童生徒の携帯電話利用実態等に関する調査結果(H21.2.23香川県教育委員会)

また、県教育委員会では、「有害情報から子どもを守るための今後の取組の方向性」について通知を出している。(H20.12.17)

(1)保護者に対する啓発を充実する
  • 保護者の自主的な啓発活動のための指導者の養成
  • 保護者に対する啓発資料等の作成
  • 保護者に対する啓発の場の充実
(2)子どもに対する情報モラルの指導を充実する
  • 情報モラルに関する指導内容の体系化
  • 先導的な取組の実践と成果の普及
  • 携帯安全教育の推進
  • 教員の資質の向上
(3)トラブルの早期発見・早期対応のための学校の取組等を支援する
  • 「ネット上のいじめ」等の対応のための相談機能の充実
  • 教員の資質の向上
  • 「ネット上のいじめ」等に巻き込まれた子どもの心のケア等の対応

Q2
研究内容はどのようなものですか?
A2
主に次の3点について研究を進めています。
  • 1.先導的な情報モラルに関する指導の実施
  • 2.先導的な有害情報の監視体制の整備
  • 3.フィルタリングの一層の普及等、モデル地区内の保護者への啓発活動
1.については、モデル校の児童生徒、保護者を対象に携帯電話等の利用に関する実態調査を実施し、実態把握を行います。そして、実態に基づき、授業案づくりを行い、その案を基にモデル校において情報モラルに関する授業を実施し、「情報モラルモデル指導プラン(仮称:三木プラン)」を作成します。この「情報モラルモデル指導プラン」には、授業案、授業用ワークシート、資料等を掲載する予定です。
2.については、ネットアドバイザーの活用を考えています。
3.については、「さぬきっ子安全安心ネット指導員」の養成、保護者向け学習会の開催を計画しています。

県教委では、1.については義務教育課が、2.については高校教育課が、3.については生涯学習文化財課が主に担当しています。