選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です 本文へジャンプ

研究・開発

希少糖の植物分野への利用

希少糖の植物分野への利用については、香川大学農学部において研究が進められており、これまでの成果として、D-プシコースに植物の生育を調整する作用や病害への抵抗性を高める作用があることがわかってきています。

①希少糖の植物育成調整作用

これまでに、イネ、シロイヌナズナ、ミヤコグサ、トマトなどの多くの植物の生長調節に対し、D-プシコースやD-アロースなどの希少糖が作用を及ぼしていることが確認されています。また、これらの作用は一過性であり、希少糖を排除すると作用が解除され、通常の生育に戻るという共通点が示されています。

病害抵抗性増進作用1

右側のイネは、D-プシコースの溶液を与えたものです。D-プシコースを与えていない左側のイネと比較して、成長が抑制されている様子がわかります。このような機能性は、ゴルフ場の芝の管理(芝の長さを、適当な状態に保つ)などでの活用が期待されます。

病害抵抗性増進作用2

植物が生えていない部分は、D-プシコースを投与して、成長を一時的に止めたものです。(投与をやめると、成長がはじまります。)

②病害抵抗性増進作用

低濃度のD-プシコースやD-アロースを葉に散布したり、根から吸収させたりすることにより、植物の中に病害抵抗性の遺伝子が誘導されて、植物が種々の病害に強くなることがわかっています。

病害抵抗性増進作用

左から1-4枚目の葉は、無処理のイネに白葉枯病菌を接種した場合で、病気が広がって葉が枯れています。
一方、右から1-2枚目の葉は、D-アロースを吸わせて、白葉枯病菌を接種した場合で、病気の発生が抑えられている様子が分かります。
※白葉枯病とは、イネの病気であり、葉が黄白~灰白色になって枯死するものです。

このページの上部へ

前のページに戻る