特別展の詳しい情報

常設展示室2

アート・コレクション  20世紀の美術

 
 当館所蔵の美術作品をご紹介するアート・コレクション展。今回は20世紀前半のフランスで活躍した三人の画家、ルオー、ピカソ、ヴラマンクを取り上げます。
  20世紀初頭のパリは世界随一の芸術都市であり、この三人も同時期にパリを拠点にしていました。本展では画家たちがそれぞれに展開した作風とその生涯をご紹介します。後年、三者三様の場所で過ごしたことにもご注目ください。
 また、関連資料のピカソ作品初出展覧会の図録は当館で初めてのご紹介となります。ぜひご覧ください。
  
会期 417日(火)~624日(日)
【休館日】毎週月曜日(ただしゴールデンウイーク中の4/30は開館)
【夜間開館】特別展開催中の毎週金曜日(19:30まで開館)
会場 香川県立ミュージアム 常設展示室 2
展示作品 ・ジョルジュ・ルオー《キリスト》 1939年 油彩
・ジョルジュ・ルオー《モニック》 1953~56年 油彩
・パブロ・ピカソ《編み物をする女とそれを見る人》 1970年 油彩
・(関連資料)「パブロ・ピカソ展」図録、アヴィニヨン教皇庁、1970年
・モーリス・ド・ヴラマンク《風景》 1925年頃 油彩
展示点数   5点 (油彩4点、関連資料1点) 
観覧料  一般410円 / 団体(20名以上)330円  
*特別展観覧券でも観覧可            
*高校生以下、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は観覧料無料
*5/18(金)「国際博物館の日」はどなたでも観覧料無料          

関連行事

当館学芸員によるミュージアムトーク

日時など 5月12日(土)、6月23日(土) 13:30~
※参加無料・申込不要
※トークをお聞きになるには、観覧券が必要