選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

【対談】東京カメラガールズ

対談の写真

対談の写真
香川県知事
浜田恵造
東京カメラガールズ
 写真右より

松崎葉さん
 川尻 ひろみさん
 佐藤 和子さん
北澤 海月さん
 山中 麻愛さん
 中島 亜由美さん

カメラ女子もときめく「かがわ撮×旅」

知事 日本最大のカメラを愛好する女性メンバーのサークル「東京カメラガールズ」の皆さんが、2015年秋に香川県を旅してくださいました。すでにSNSなどに次々と写真がアップされていますね。これにより、香川県の新たな見どころを多くの皆様に知っていただくことができます。そこで、今回の旅で発見した香川県の魅力などをお話しいただきましょう。本日は偶然にも香川県の両端、東かがわ市と観音寺市を訪れた皆さんと、主に企業を訪問したメンバーがお越しくださいました。まずは、東かがわ市を訪れた中島さんにお願いしましょう。

中島 特に印象に残ったのが大内町の伝統芸能が集まる「おおちほろ宵祭り」。地元の人々が楽しそうに町を盛り上げている姿を見て、、和気あいあいとしてすてきなところだなと思いました。引田には和三盆や手袋など魅力的な名産品があり、讃州井筒屋敷では体験もできるので、女子旅に「ぴったり!」と思いました。

知事 引田は「讃州井筒屋敷」をはじめ、今なお残る古い町並みも魅力ですね。宇多津町や丸亀市本島の笠島地区などにも、江戸の風情を残す家並みが残されています。こうした場所は撮影旅行にも一押しです。

佐藤 私は東かがわ市の水主(みずし)神社に行きましたが、静かで本当にいいところでした。後で調べてみたら、パワースポットだったんですね。自然豊かな景色や無人駅、かわいいカフェなど、女子旅を思う存分楽しみました。

知事 水主神社のご祭神は「倭迹々日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)」。高松市鬼無(きなし)町や女木島に伝わる桃太郎伝説にもゆかりの深い神様です。香川県には、こうした歴史のある神社仏閣が多く点在し、海の神様として有名な「こんぴらさん」や四国霊場を開いた弘法大師・空海が誕生した寺として知られる総本山善通寺など、パワースポットも多くあります。

 それでは今回の旅の魅力に加え、香川県でもう一度訪れてみたい場所や次回は行ってみたいと思うスポットをお教えください。

松崎 香川県は「うどん」というイメージが強かったのですが、実際に訪れてみると、アートなものやすてきなモノがたくさんあるところですね。また、観音寺市を案内してくださった観光協会の方をはじめ、香川の人たちは本当に温かいなと感じました。その方たちにまた会いに行きたい。「ちょうさ祭り」の迫力と雰囲気も印象的で、次もお祭りの時期に伺いたいですね。

知事 「ちょうさ」というのは、太鼓台とも呼ばれる山車(だし)のことですが、一台を新調するのに数千万円もするという豪華絢爛な山車。「ちょうさ」を見るだけでも価値がありますので、一年中、見学ができる「ちょうさ会館」もお薦めです。香川県には、他にも巨大なわらの竜に水を掛けるという「仁尾竜まつり」や奇抜な格好で練り歩く「ひょうげ祭り」などの奇祭もあり、絶好の被写体になりますよ。

山中 私が一番印象に残ったのは「寛永通宝(かんえいつうほう)」の銭形の砂絵。夕暮れ時の美しい情景と、ライトアップされ夜の砂浜で緑色に浮かび上がる砂絵を見せてもらいました。ほかに、金や青のライトアップもあると現地の方から教えていただき、また違う表情の「寛永通宝」を撮影したいと思っています。「かがり手まり」の作品をたくさん見せていただいたのですが、ぜひ自分でも作ってみたいですね。ほかにも、サヌカイトの楽器が奏でる音色に魅せられてしまいました。普段はピアノの教師をしていますので、いつか共演することができればと夢見ています。

知事 「サヌカイト」は坂出市などから産出されるガラス質の自然石。石とはにわかに信じがたい美しい音を響かせます。

 さて、香川県では、俳優の要潤さんを副知事として、「うどん県。それだけじゃない香川県」という切り口でPRを行っています。おかげで県外の若い方々にも香川県の名前を知っていただく機会が増えているようです。このように、香川といえば「讃岐うどん」が有名になりましたが、皆さんは他にも香川でおいしいものにいろいろと出合ったようですね。

川尻 まず思い出すのは「オリーブハマチ」。ハマチ養殖発祥の地という東かがわ市でいただきましたが、まろやかな味で、本当においしかったですね。

北澤 オリーブをエサにしているという「オリーブ牛」も「オリーブ(とん)」もオリーブがつくものは、どれもおいしくて、私もすっかりファンになりました。

川尻 「瓦せんべい」を焼いている所にもお邪魔しました。名前の通り瓦の形をしていて、堅いというのが特長のおせんべいですが、焼きたては温かくて少し軟らかくて、これもおいしかったですね。普段はできない体験で、忘れられない撮影旅行になりました。

北澤 私は特別に和三盆づくりの作業場も見せていただきました。丁寧に手で作られていると知って、「うそでしょ!」と驚きました。口に入れてみると、他の甘味とは全く違う上品で深い味わい、この製法は何があってもやめないでほしいと思います。

知事 お菓子も食材も、香川にはまだまだおいしいものがめじろ押しです。フルーツも季節ごとに楽しめますので、また違うシーズンにも香川を味わっていただきたいですね。その食も新たなコンテンツの一つとして、今年3月20日から3回目の瀬戸内国際芸術祭が開催されます。風景の中にアート作品が置かれ、素晴らしいシャッターチャンスが訪れることでしょう。お話を伺い、皆さんが香川県にお越しくださったことに、ますます感謝いたしました。これからも皆様に愛され、選ばれる香川県であるよう努力を続けてまいります。今後とも、香川県をよろしくお願いいたします。