選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
スタイルシートが無効なため使用できません→文字サイズの変更: 小 中 大

トップページ > さぬきの夢の特徴

さぬきの夢の特徴

栽培特性

 「さぬきの夢2009」は「さぬきの夢2000」とほぼ同熟期であり、倒伏に強い。

 穂数はやや少ないが、穂長が長く、穂重型であり、収量性が高くなっています。

表1 生育調査結果
品種名 出穂期
(月日)
成熟期
(月日)
稈長
(cm)
穂長
(cm)
穂数
(本/u)
倒伏 穂発芽性
さぬきの夢2009 4.8 5.31 79.0 9.0 559 やや難
さぬきの夢2000 4.10 5.31 80.0 7.1 622 やや難

注)データは農業試験場試験における3ヶ年平均(2008〜2010年播種)


表2 収量調査結果
品種名 収量(kg/a) 同左対比(%) 容積重(g) 千粒重(g)
さぬきの夢2009 54.9 116 781 38.8
さぬきの夢2000 47.0 (100) 796 37.6

注)データは農業試験場試験における3ヶ年平均(2008〜2010年播種)


写真:株標本

株標本

写真:穂と原麦

穂と原麦

▲ページの先頭へ戻る


小麦粉の特性

 「さぬきの夢2009」は「さぬきの夢2000」に比べて粒度の大きいものが多いため、製粉歩留りが高く、製粉性は良好です。

 小麦粉の色は「さぬきの夢2000」と同等であるが、うどんにした時は良好となる。

 デンプン糊化特性は「さぬきの夢2000」とほぼ同じでさぬきうどんに適する「やや低アミロース」です。

表3 製粉性及び小麦粉の特性調査結果
品種名 製粉歩留(%) B/M率 小麦粉の色(60%粉) デンプン糊化特性(60%粉)
L* a* b* MV HS BD FV
さぬきの夢2009 68.9 42.8 89.5 0.37 12.5 460 168 292 282
さぬきの夢2000 66.8 49.1 89.6 0.35 12.9 483 171 312 290
グラフ:小麦粉の粒度分布

▲ページの先頭へ戻る


うどん食味評価

 「さぬきの夢2009」のうどんの色は白っぽく優れ、グルテン量が「さぬきの夢2000」より多く、しなやかで弾力のあるコシをもち、さらに風味が良くなっています。食味官能審査の結果では、すべての項目において「さぬきの夢2000」より評価が高く、バランスが良く、優れています。

表4 うどんの食味官能審査結果
品種名 外観 なめらかさ かたさ 粘弾性 香り、味 合計 総合評価
さぬきの夢2009 15.2 11.3 11.4 7.3 18.3 10.9 74.3 74.7
さぬきの夢2000 (14.0) (10.5) (10.5) (7.0) (17.5) (10.5) (70.0) (70.0)

注)データは生産力検定試験における3ヶ年平均(2005〜2007年産)
うどん食味官能審査は食糧庁「小麦のめん適性評価法」に準じて実施。


ゆでめんの性状

図3 ゆでめんの性状

グルトマチックによるグルテン量の比較

図4 グルトマチックによるグルテン量の比較

▲ページの先頭へ戻る