選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
スタイルシートが無効なため使用できません→文字サイズの変更: 小 中 大

トップページ >「さぬきの夢 食のモデル地域構築計画」が農林水産大臣から認定されました。

「さぬきの夢 食のモデル地域構築計画」が農林水産大臣から認定されました。

 かがわ農産物流通消費推進協議会(会長:北川博敏)では、小麦「さぬきの夢」の消費拡大を推進するため、県内全域を対象とした「食のモデル地域構築計画」を策定し、農林水産大臣の認定を申請していたところ、8月1日付けで認定されました。


「さぬきの夢 食のモデル地域構築計画」の概要

1 取組の基本方針

 さぬきの夢にスポットを当て、ファンを増やし、生産意欲を促進。こだわり店の拡  大による需要確保・消費拡大。

2 取組内容・将来像

 うどん店での使用実態等の現状調査を行うとともに、認知度向上を図るため、
 新聞への掲載など、うどん業界と連携したPR活動を展開する。本場さぬきうどん
 協同組合や県内小学校と連携して、うどん教室を開催し、食育推進、食文化の継承
に努める。

3 地域食材の消費拡大の目標


目標
現状(H25)
26年度
27年度
28年度
売上向上率
「さぬきの夢こだわり店」認証店舗数 11店 12店 13店 14店 127%

 上記のほか、「さぬきの夢こだわり店」における「さぬきの夢」使用量について 売上高向上率141%の目標等を設定。


◇関連リンク
  農林水産省HP プレスリリース
  http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/130809.html


▲ページの先頭へ戻る