香川の環境のトップページに戻ります  
本文へ

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
フォレストマッチング推進事業
香川県中小企業家同友会

■企業からのメッセージ

 香川県中小企業家同友会は、三つの目的(1.良い会社をつくろう、1.良い経営者になろう、1.良い経営環境をつくろう)を掲げて様々な活動を展開し、今年で34年目を迎える中小企業経営者の団体で、会員数は1511人です。昨年には団体内に、環境委員会を設置し、環境問題に取り組んで参りました。4月22日には、香川県と塩江町森林組合とともに「フォレストマッチング協働の森づくり」を宣言し、実践的な環境保全活動を進めることにしました。
 私たち中小企業家は、香川の豊かな自然の恵みを受け、地域からの期待を受け、育てられて、企業経営を行っています。豊かさや便利さを追い求めてきた経済活動と消費活動はもとより、必要以上の資源を使い、廃棄物を出し続ける経済活動を見直し、先祖から受け継いだ宝物を、次の世代に健全な形で引き継ぐのは、今を生きている私たちの責任だと考えます。
 今後、高松市塩江町安原の森林で、年間0.1haの間伐を5年間継続する『香川同友の森』づくり活動を通じて、地球環境の保全の大切さを伝えるとともに、地域環境を守る主体者として地域の中心に位置する中小企業がリーダーシップを発揮して実践活動をしなければならないと考えて取り組みます。
 また、「中小企業家同友会」は全国各地で組織され、各地の同友会でも環境運動に取り組んでおり、「中小企業家同友会全国協議会」では、CO2削減コンペなどの実施で、企業の環境改善運動を盛り上げております。
 今後とも、森づくり活動を、より健全な地域づくりや循環型社会づくりにつながり、次世代につなぐ想いを育む重要な運動として位置づけて、取り組んでまいります。


協定締結式・現場活動状況の様子