このページの本文へ移動
ホーム > 運転免許 > 点数計算のあらまし

点数計算のあらまし

点数計算の原則は、過去3年以内の違反・事故の点数を合計します。

ただし、例外として次の事由に該当した場合は、その事由により前の違反に係る点数は、点数計算の対象から除外されます。

  • 無事故・無違反の期間 [免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く)] が1年以上あるとき。
  • 停止処分を受け、その処分の期間中に無免許運転などの違反や事故がなかったとき。
  • 有効な免許で無事故・無違反の期間が2年以上あり、1点~3点の軽微な違反行為を1回して、その違反日の翌日から3ヶ月以上無事故・無違反であったとき。
  • 違反者講習の受講対象者となり、講習を受けたとき。

交通事故に係る付加点数

交通違反をし、よって交通事故を起こした場合 その違反点数に、この表に示す付加点数が加算されます。

事故の種類 責任の別 点数
死亡事故専ら20
専ら以外13
重傷事故
(治療期間3月以上又は後遺障害が残るもの)
専ら13
専ら以外9
重傷事故
(治療期間30日以上3月未満)
専ら9
専ら以外6
軽傷事故
(治療期間15日以上30日未満)
専ら6
専ら以外4
軽傷事故
(治療期間15日未満)・建造物損壊事故
専ら3
専ら以外2
危険防止措置義務違反(物損事故あて逃げ)5

交通違反をし、よって交通事故を起こした場合 その違反点数に、この表に示す付加点数が加算されます。

行為点数
運転殺人等62
運転傷害等45~55
危険運転致死62
危険運転致傷45~55
酒酔い・麻薬等運転35
救護義務違反(ひき逃げ)35
道路外故意致死傷等欠格期間5~8年

※「運転殺人等」とは、自動車等の運転により故意に人を死亡させたり、故意に建造物を損壊させて人を死亡させた行為

※「運転傷害等」とは、自動車等の運転により故意に人を負傷させたり、故意に建造物を損壊させて人を負傷させた行為

※欠格期間とは、免許の取消し処分を受けた者が、以後運転免許試験 を受けることができない期間