本文へジャンプ
(29.11.1掲載)
<平成29年度四国地方発明表彰の受賞者発表>
 
株式会社丸善と共同開発した「紙用多機能コーティング技術」が 香川県発明協会会長賞に決定しました!

 
 地方発明表彰は、大正10年から公益社団法人発明協会が行う表彰事業であり、既に実施されていている優れた特許発明、登録実用新案または登録意匠を生み出した技術者・研究開発者を表彰するもので、この度、(公社)発明協会において、平成29年度の四国地方発明表彰の受賞者が発表されました。
 当センターにおける受賞は次のとおりです。

【受賞名:特別賞(香川県発明協会会長賞)】

  受 賞 者:香川県産業技術センター 主任研究員 白川 寛
         元 株式会社 丸善 企画部長 市村 光利 氏

  受賞発明:紙用多機能コーティング技術(特許第4551992号)
    紙表面に食品添加物から構成される塗工液を成膜することで、撥水性・耐
   油性・抗菌性・防カビ性を同時に発揮するもので、紙器業界初の技術であり、
   この発明により生産された食品向け紙製紙器は、全国展開する大手スーパー
   数社をはじめ、東京の老舗フルーツ店などで幅広く利用されている。

  表 彰 式:平成29年11月14日(火)(JRホテルクレメント高松)


 (公社)発明協会HP(平成29年度四国地方発明表彰受賞者一覧)
  http://koueki.jiii.or.jp/hyosho/chihatsu/H29/jusho_sikoku/index.html
      同HP     (表彰式開催報告)
  http://koueki.jiii.or.jp/hyosho/chihatsu/H29/houkoku_sikoku.html