さぬきの米 おいでまいさぬきの農産物応援団

「おいでまい」をテーマにした料理コンテストで、「讃岐おやき」が最優秀に!!
〜第7回あなぶきホテルズ社内料理コンテスト〜

【平成30年5月24日(木)】

あなぶきエンタープライズでは、毎年、若手料理人の「料理技術とアイディア力の向上」と、香川県の食材を使ったメニュー開発を通じた「香川の魅力発信」での地域貢献を目的として、社内料理コンテストが実施されています。

今回のコンテストテーマは、「さぬき米 おいでまい・米粉を使った〜米料理〜」。応募31点のうち、第一次、第二次審査を通過した6点が、5月24日の最終審査会に出品され、23名の審査員により独創性、味覚、外観、利用性の4つの観点から審査が行われました。

「おいでまい」委員会からは、副会長のJA香川県営農部部長 藤岡直人さんと、「おいでまい」PR大使の菊井彰子さんが審査員として参加しました。また、「おいでまい」のイベント等で大活躍していただいている香川県食農アドバイザーの川染節江さんも、参加されていました。

料理コンテストの様子1 料理コンテストの様子2

審査の結果、三好一輝さん(高松国際ホテル)の「讃岐おやき」が最優秀賞に輝きました。おめでとうございます!!最優秀賞の「讃岐おやき」は、商品化され、今年の夏ごろに販売される予定です。

菊井さんは「「おいでまい」はおにぎりで食べるのが一番だと思っているが、今日のメニューはどれも美味しく、新しい発見があって、審査が難しかった。」と、バリエーション豊かなお米料理に驚いた様子でした。

川染さんからは「日本でのお米は主食、欧米へ行けば野菜と同じように具材として捉えられるので、「おいでまい」の可能性はとても広い。「おいでまい」おばあちゃんとしてPRを頑張りますよ!」と、力強く応援の言葉をいただきました。

料理コンテストの様子3 料理コンテストの様子4 料理コンテストの様子5

6月になると、「おいでまい」の栽培が始まります。みなさん、新米を楽しみにしていてください!