お知らせ

  • うどん県
  • うどん県旅ネット
  • LOVEさぬきさん
  • JA香川県さぬき旬彩館
  • さぬきの農産物応援団

「香川小原紅早生みかん」が(GI)に登録

 さぬき讃フルーツの品目の一つである「小原紅早生」が、香川県農業協同組合の申請により、平成29年12月15日付けで、農林水産省による農林水産物・食品の産地のブランドを守る「地理的表示保護制度(GI:Geographical Indication)」に、香川県では初めて「香川小原紅早生みかん」として登録となりました。

GI登録産品

◆地理的表示保護制度(GI)登録産品

  • 登録名称

     香川小原紅早生みかん(登録番号第54号)

     

    登録団体

     香川県農業協同組合

     

    登録産品の特性

    • 「香川小原紅早生みかん」は、香川県で発見された品種「小原紅早生」を用いて香川県内で栽培された温州みかん。
    • 果皮の色は鮮やかな濃紅色で、国内で栽培される温州みかん約100品種の中で、果皮の色が最も紅いと言われている。果肉の色も濃橙色で、他の温州みかんとは、明らかに異なる形質を有している稀少な品種。
    • 「小原紅早生」は、昭和48年、香川県坂出市の生産者小原幸晴氏のみかん園で栽培されていた品種「宮川早生」の中に偶然発見された枝変わりの紅いみかんを、地域の人たちが協力して接ぎ木で増やし、長い時間をかけて育てあげた香川県のオリジナル品種。

     

お知らせ一覧へ戻る