小原紅早生(おはらべにわせ)

  • うどん県
  • うどん県旅ネット
  • LOVEさぬきさん
  • JA香川県さぬき旬彩館
  • さぬきの農産物応援団

「小原紅早生(おはらべにわせ)」の来歴

昭和48年、坂出市のみかん農家「小原幸晴(おばらゆきはる)」氏のみかん園で栽培されていた「宮川早生(みやがわわせ)」という品種の中で、果皮が濃い紅色をしたみかんが発見されました。
枝(えだ)変わりという突然変異で生まれたみかんは、「小原紅早生」と命名され、香川県農業試験場などで調査を行い、平成5年10月に品種登録された香川県のオリジナル品種です。
現在は、80haを超えて栽培され、約700tの果実が、JA香川県を通じて県内及び京浜・京阪神市場を中心に出荷され、近年は東南アジアにも輸出されています。

主な産地・・・
高松市、坂出市、観音寺市、三豊市

日本一、紅いみかんです。

国内で栽培する「みかん」約100品種の中で、果皮の色が最も紅い品種で、別名「金時きんときみかん」と呼ばれています。

濃厚な甘さのみかんです。

小原紅早生のみかん園では、透湿性のシートで地面を覆うなどの工夫により、土壌中の水分をコントロールすることで糖度を高めるなどの取組みをしています。

抗酸化物質が多く含まれています。

小原紅早生には、カロテノイド色素の一つで、抗酸化作用のあるβ(ベータ)―クリプトキサンチンが多く含まれています。

品質を揃えて出荷しています。

JA香川県では、大きさや色などの外観だけでなく、糖度や酸度も検査できる光センサー式の選果機を導入し、糖度12.5度以上の最上級品は「さぬき紅」のブランド名で販売を行っています。

3つの作型で、ギフト需要期を中心に約半年間、出回ります。

香川県は、ハウスミカン発祥の地です。
この高い技術力を活かし、お中元頃(7〜8月)に出回るハウス栽培、お歳暮頃(11〜12月)に出回る露地栽培、1〜2月に出回る樹上完熟栽培を行っていることから、約半年間にわたり果実が店頭にならびます。

旬カレンダー

小原紅早生認定生産者

香川県では、県オリジナル品種を中心とした果物で、県で認定した生産者が栽培し、糖度など一定の品質基準を満たしたものを「さぬき讃フルーツ」として推奨しています。

品質基準:秀品・優品ランク、平均糖度11.5度以上

  • JA香川県高松市西部地域温州みかん部会
  • 香川県農業協同組合坂出共撰みかん部会
  • JA香川県三豊地区ハウスみかん部会
  • JA香川県「マル曽」みかん部会
  • JA香川県「みとよ」みかん運営協議会