さぬきキウイっこ

  • うどん県
  • うどん県旅ネット
  • LOVEさぬきさん
  • JA香川県さぬき旬彩館
  • さぬきの農産物応援団

「さぬきキウイっこ」の来歴

日本の温暖な地域に自生する、暑さや風に強いシマサルナシと、食味のよいキウイフルーツを交配して育成した一口サイズのキウイフルーツです。香川県と国立大学法人香川大学が、病気に強く、食味のよい品種を開発し、平成26年に品種登録されました。
現在、約7haで栽培され、約30tの果実が、農地所有適格法人及びJA香川県を通じて、県内市場を中心に出荷されています。

主な産地・・・
善通寺市、小豆島町

和三盆のような甘さです。

糖度は17〜20度と一般に流通する「ヘイワード」に比べて非常に高く、酸味とのバランスが良好です。また、たんぱく質分解酵素の活性が極めて低く、キウイフルーツ特有の刺激もありません。

長期間、食べられます。

貯蔵期間が長く、11月から翌年の2月頃まで出回ります。

ひとくちゼリーのように簡単に食べられます。

1果あたりの重さが一般的なキウイフルーツの半分程度しかない、一口サイズのキウイフルーツです。
また、果実の表面に毛がないため、指で半分に割って果肉を押し出すと、一口ゼリーのように簡単に食べることができます。

旬カレンダー

さぬきキウイっこ認定生産者

香川県では、県オリジナル品種を中心とした果物で、県で認定した生産者が栽培し、糖度など一定の品質基準を満たしたものを「さぬき讃フルーツ」として推奨しています。

品質基準:秀品・優品ランク、平均糖度15.0度以上

  • 株式会社キウイベリージャパン
  • JA香川県小豆島果樹部会キウイフルーツ班