シャインマスカット

  • うどん県
  • うどん県旅ネット
  • LOVEさぬきさん
  • JA香川県さぬき旬彩館
  • さぬきの農産物応援団

「シャインマスカット」の来歴

(独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所で、「安芸津21号」と「白南」を交配して育成した品種です。
大粒で豊かなマスカットの芳香を持ち、果皮が薄く果実全てが食べられる新世代のマスカットの意から、「シャインマスカット」と命名され、平成18年に品種登録されました。
香川県は、全国に先駆けて導入し、ブランド化を進めています。
現在は、約16haで栽培され、約100tの果実が、JA香川県を通じて、県内、京阪神並びに京浜市場のほか、輸出も行われています。

主な産地・・・
高松市、丸亀市、さぬき市、三豊市、綾川町、多度津町

記憶に残る甘さとマスカット香が楽しめます。

現在、栽培されるブドウ品種の中で、糖度が高く、酸味が非常に少ないため、お菓子に慣れ親しんでいる子供にも人気です。
また、豊かなマスカット香により、リラックスできるアロマ効果が楽しめます。

食べやすく、手が汚れません。

種無し処理をしており、果皮も非常に薄いため、果実を丸ごと食べられます。果肉が締まっているのでサクサクとした食感を楽しめます。
また、ピオーネのように果皮を口から出す必要がないため、手が汚れず、食べ終わった後のベトベト感もありません。

1房700g前後の大房は、高級感があります。

香川県では、1粒の直径を500円玉程度の大粒に仕上げ、700g前後の大房を中心に房作りしています。
美しいエメラルドグリーン色をした房には、ブドウの女王と称される「マスカット・オブアレキサンドリア」をしのぐ高級感があります。

果皮のカスリは、完熟の証です。

シャインマスカットの果皮の一部が、カスリ状になる場合があります。これは、病気などではなく、バナナのシュガースポットと同じく完熟状態の証です。

3つの作型で、お中元の需要期を中心に約3ヶ月間、出回ります。

新盆頃(7月)に出回る加温栽培、旧盆頃(8月)に出回る無加温栽培、9月に出回るトンネル栽培により、約3カ月間にわたり果実が店頭にならびます。

旬カレンダー

シャインマスカットを美味しく食べるコツ

長時間冷蔵庫に入れておくとマスカット香が落ちてしまうので、冷暗所で保存して、食べる1時間前くらいに冷蔵庫で冷やせれば、美味しく食べられます。
他のブドウよりも貯蔵性が高いため長期間保存できますが、冷蔵庫に保存する場合は、ブドウを紙で包んでポリ袋に入れると風味が落ちにくくなります。

シャインマスカット認定生産者

香川県では、県オリジナル品種を中心とした果物で、県で認定した生産者が栽培し、糖度など一定の品質基準を満たしたものを「さぬき讃フルーツ」として推奨しています。

品質基準:秀品ランク、平均糖度17.0度以上

  • JA香川県大川地区営農センターさぬき市果樹部会
  • JA香川県中央地区営農センター中央地区ぶどう部会
  • JA香川県綾歌南部ブドウ部会
  • JA香川県仲多度地区営農センター多度津ぶどう部会
  • JA香川県三豊ぶどう部会
  • JA香川県飯南地区ぶどう部会
  • きたはらぶどうパラダイス
  • 橘ぶどう園