香川県の祭り・行事・民俗芸能

祭礼・公開日については、調査時点での月日です。前もって当該市町教育委員会や市町観光協会、または保存団体等に必ずお問い合わせ下さい。

滝宮の念仏踊

文化財国重要無形民俗文化財
所在地・伝承地綾川町
祭礼・公開日8月25日
概要滝宮神社・滝宮天満宮に奉仕する念仏組の一つで、現在は綾川町に11組があり、交替で3組ずつが4年間奉納(北村組のみ2回奉納)し、5年目に11組すべてがそろって踊る総踊をすることになっている。踊りの中心は大団扇をもった下知で、太鼓打と中鉦とともに中踊をつとめる。まわりには、法螺貝・鉦・皷・笛などの鳴り物がつき、外鉦と警固による鉦や念仏にあわせて踊る。音頭は願成就(がんじょなり)と呼ばれる音頭出しの先導で行われる。一庭約15分。常例奉納では滝宮神社で9庭、滝宮天満宮で6庭の9庭奉納される。雨乞踊としても踊られるときは33庭踊られる。
撮影日2010年撮影
参考文献水野一典『聞書滝宮念仏踊』 1987
ページの先頭へ
  • 建物紹介
  • ボランティア
  • 団体利用
  • 周辺施設
  • お問い合わせ