ボランティア 活動内容の紹介

香川県立ミュージアム文化ボランティアの分館グループとして活動しています。平成28年度の登録人数は28名。

1.展示案内

土曜日、日曜日、祝日の午後の時間帯に、来館者に対して第1展示室の解説を行っています。

展示案内の様子

2.資料整理

当館に新規に収蔵される予定の資料の整理を行っており、28年度は、歴史資料整理、資料写真のデジタル化、図書整理などを行っています。 歴史資料整理では、当館収蔵予定の家資料の整理・目録化作業を行っています。

資料整理の様子

3.イベント補助

ワークショップやれきみん講座の受付などを行っています。27年度は、国登録有形民俗文化財に登録された水車小屋でワークショップの補助を行いました。

イベント補助の様子

4.館外調査補助

27年度は、小豆島にある寺や庵を訪れ、金石文調査を行いました。また、島嶼部の民俗調査も行いました。

ボランティアによる清掃風景

5.環境整備

資料館の建物周辺の植栽を中心に枝打ちや草刈りを行っています。建物周辺に配置された石造物を草木の繁茂から守ったり、展示室から屋外に向けての美観の保持のため、環境美化に取り組んでいます。また、展示室の清掃も行いました。

環境整備の様子

6.募集の案内

平成29年度ボランティアの募集は終了しました。平成30年度の募集は、平成30年2月頃の予定です。
当館は香川県立ミュージアムの分館となっており、ボランティアの募集については本館・分館あわせて香川県立ミュージアムで行っています。お問い合わせは、香川県立ミュージアムボランティア担当(℡087-822-0247学芸課)または、瀬戸内海歴史民俗資料館(℡087-881-4707)までお願い致します。

ページの先頭へ