香川県立白鳥病院ロゴマーク  香川県立白鳥病院
病室手術室スタッフ



看護部長のメッセージ


看護は、人々の尊厳を守り、医師をはじめとする専門職と連携しながら、患者さん一人ひとりの持っている力を引き出し、健康を回復・維持できるよう支えることです。つまり、看護師の知識、技術とそれを支える相手を思う心で、その人がその人らしく生を全うできるよう支援することと考えています。

看護部は、地域の皆様に常に安全で安心できる看護を提供することを目指しています。一人ひとりの患者さんにとって必要な看護は何かを考え、患者さんやご家族の思いに寄り添った看護を行います。

患者さんやご家族に信頼される看護とは、信頼できる知識、技術、態度に裏付けされたケアを提供することです。看護の質保証に努め、自己研鑽、自己探求の姿勢をもつ看護職員の育成に努めます。

東かがわ市は高齢者の多い町です。地域の産業や文化を大切に発展してきました。患者さんとの出会いを大切にして、地域の方々の健康、福祉に貢献し続けられるよう尽力したいと思います。

看護部長 松下 明美(認定看護管理者)

看護部の方針と年度目標

看護師イメージ
  • 看護部方針
  • 私達は地域の方々に対して、安全で安心できる良質な看護を提供します。
  • 1.患者様やご家族の思いに寄りそった看護を提供します。
  • 2.自己啓発し、看護の質向上に努めます。
  • 3.経済性を考え、個々に応じた効果的な看護を実践します。

  • 看護部目標 (平成28年度)
  • 1.急変の予測と対応で安全な看護の提供をする。
  • 2.患者参画の看護計画で質の高い看護を提供する。

    3.適正な病床管理で病院経営に参画する。


to this page top

看護体制

    看護部組織図
    • 施設基準等
    • 入院基本料 10対1看護師配置
    • 固定チームナーシング
    • (+パートナーシップナーシング・
    • システム試行中)

    • 夜勤体制
    • 3交代制(3人夜勤一部2人夜勤)









  • 委員会活動  12の委員会を設置しています。

看護部イメージ 院内委員会組織図

to this page top


各部署の紹介

入院部門の取り組みはこちらから
  • 入院部門










看護アシスタント

看護アシスタントご紹介(PDF)
  • 看護アシスタント白鳥病院では、5人の病棟看護アシスタントが働いています。 私たちは、患者さんが少しでも快適な入院生活が送れるようお手伝いをします。仕事の内容は、シーツ交換など病室の環境整備をはじめ、入院患者さんの食事や排泄の介助、清拭、体位変換など、身の回りのお世話をさせていただいています。
  • より良いケアのために、月1回研修を行い、知識や技術の向上に努めています。また、少しでも快適な入院生活になるよう業務改善も行っています。

to this page top


外来部門








認定看護師の紹介


    感染管理感染管理認定看護師  林 珠美 認知症看護認知症認定看護師  藤井 智子

感染管理イメージ  認知症看護イメージ
感染管理看護師の役割(PDF) 認知症認定看護師の役割(PDF)

to this page top


教育研修


    新任看護師教育イメージ1.新任看護師教育

  • 集合研修
  • 当院の特徴を踏まえた独自の研修と県立病院合同の研修を行っています。

  • OJT(臨床で看護実践をしながら行う研修)
  • 新任看護師と先輩看護師がペアとなり看護実践を行うOJTを行っています。
    病棟全体で新任看護師を育成しています。また、新任看護師ひとり一人にプリセプターがいますので、相談や基礎看護技術の指導を行っています。

  • キャリアアップ支援イメージ2.キャリアアップ支援

  • 集合研修
  • ラダー別研修や専門的知識の研修などあらゆる分野の研修が受けられます。

  • クリニカルラダー
  • クリニカルラダーを用いて自己課題を明確にでき、自律して成長できます。役割達成や自己実現に繋がります。

  • 長期派遣研修
  • 条件が整えば認定看護師教育課程、香川県保健師助産師看護師実習指導者研修などの長期派遣研修を受けることができます。

  • 専門性を高めるために
  • 質の高い看護を提供するための資格取得(呼吸療法認定士、ACLSプロバイダー等)の支援をうけられます。


to this page top


看護部の取り組み

  • 小集団活動(QC活動)
  • 平成14年から「小集団活動」に取り組んでいます。毎年、院内発表会を開催しています。

  • 看護研究発表会
  • 年1回、院内看護研究発表会を開催しています。他部門の方も迎え、活発な意見交換をしています。


  • ナラティブ発表会 (ナラティブとは「物語」や「語り」といった意味です。)
  • 毎年、全員がナラティブ・レポートを書き、各部署で発表し合います。ラダーの新規認定者および各部署の代表者が合同で発表する場も設けています。お互いの発表を聞きながら、しんみりしたり、笑ったり…看護の素晴らしさを実感できる楽しい時間です。