発達障害者支援法

 平成16年12月3日、発達障害者支援法が成立し、平成17年4月1日より施行となりました。その内容はどのようなものでしょうか。

 発達障害支援法は、かなり人数的には多いけれど、さまざまな支援が行き届かない、もしくは外から見ても障害として分かりづらく、 誤解も多かった発達障害を持った人々に対し、発達障害を理解することによって、地域で支え合って支援していこうという法律です。
 この法律では、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥/多動性障害等を発達障害と位置づけました。
 また、その内容は、国及び地方公共団体の責務を明らかにした上で、地域における一貫した支援を行うこと、専門家を確保するよう努めること、 一貫した支援のための関係者の緊密な連携を確保すること、そして、発達障害への国民の理解を促進することが示されています。
 これから、発達障害を持った人々への具体的な支援を実現していく上で、この法律の意義は大きいのです。

笑顔の人たちのイラスト


Copyright (C) kagawa prefecture 2005. All rights reserved.