モニター料で支払いが出来ると勧められて購入したふとん

Q  家庭訪問販売で、36万円のふとんのクレジットでの購入を勧められました。モニターになれば、モニター料が入るので代金に当てられるといわれたので、購入することにし、毎月3万5千円のモニター料を口座に入金してくれることになりました。
 ところが、モニター料が数回は入金されたのですが、その後会社が自己破産してしまいました。

 A  これは「モニター商法」と呼ばれる販売方法です。この相談者の場合クレジット申込書の控えはもらっていましたが、モニター料については口約束だけで書面はもらっていませんでした。しかし、商品を受け取っているのでクレジットの支払いはしなくてはなりません。
 商品の販売代金以上をモニター会員に支払えば、いずれその会社が破綻することは目に見えています。甘い話には十分気をつけましょう。

もどる