過去の被害者を狙う、 高額な防犯機器の訪問販売

Q  これまでに訪問販売で次々と高額な布団の契約をしたことがありますが、最近、見知らぬ業者が突然尋ねてきて、「訪問販売の被害にあったことがあるという、あなたの個人情報が悪質業者に漏れている。この防犯装置を電話につけておくと、もう悪質業者は家に来なくなる」といわれました。強引に勧めるので根負けし、高額な防犯装置の契約をしてしまいましたが、やはりいらないのですが。

 A  高額なボイスレコーダーなどの防犯装置を電話につけても、悪質業者の訪問はやみません。どんなに業者の勧誘が強引でも、不要な契約はしないこと。「必要ないので、契約しません。帰ってください」とはっきり告げ、それでも帰らない場合は警察に通報してください。
 なお、契約書を受け取ってから8日以内ならクーリング・オフにより無条件解約ができます。

もどる