小豆島のメロン栽培
小豆島の「アムスメロン」 − ただいま栽培中 −
・・・
小豆島の「アムスメロン」
島の温かな風土で育まれる甘いメロンです。
アムスメロンは6月下旬から販売が始まります。
>>トップページへ戻る<<
Vol.1 小豆島のメロン(栽培中)
摘芯(3月下旬)
葉が大きくなってきました。 (元気よく成長中)
一枚一枚、きれいな緑の葉っぱが広がっています。
みずみずしく濃い緑の葉です。小豆島の温暖な気候が、甘いアムスメロンを育ててくれます。
(↓)成長した蔓を誘引します。2本立て。
▲上へ戻る
 
交配(4月下旬)
アムスメロンの花。 (ちょっとキュウリの花に似てます)
きれいな黄色の花が咲きました。

(↓)花を真横から見たところです。小さな膨らみが、はっきりとわかります。メロンの赤ちゃん(?)の登場です。
▲上へ戻る
 
交配後10日(5月上旬)
アムスメロン赤ちゃん→子供に。 (模様が入ってきました)
重くて折れそうです(右写真)
 
(↓)蔓が折れてしまわないよう「玉つり」した状態です。
▲上へ戻る
 
交配後20日(5月中旬)
ネット発生始まる (メロンらしくなってきました)
(↓)ネットをアップにしてみました。
▲上へ戻る
 
ネット経過(〜6月)
アムスメロンの「顔」ともいえるネットが発生中です。
はっきりと刻まれてきたのがわかります。
(↓)順を追って観察してみました。
第一段階
第二段階
第三段階
メロンのネットが少しずつ作られていくのがわかります。
▲上へ戻る
 


ネット完成!(6月下旬)
美しいネットが完成しました。
もう収穫・出荷を待つばかりです。

お問い合わせは、小豆農業改良普及センターまで
>>トップページへ戻る<<
▲上へ戻る