トップページ » 実習紹介
実習紹介
  • 受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます
  • 展示販売コーナー
  • 研究生・研究員・修了者の声
  • 香川県
  • 香川県立ミュージアム
  • 香川県文化会館
  • 香川県立高松工芸高等学校
 
【実習紹介】

 香川県漆芸研究所では、香川漆芸の三技法(蒟醬・存清・彫漆)以外にも、いろいろな実習を行っています。その道のベテラン講師を招き、基礎力を身に付け、幅広い分野を体験し知識を得ることが出来ます。研究生は、漆芸の技術だけでなく美術工芸の精神も深く追及しています。

 ※実習名をクリックすると新規ウィンドウが開きます。
   日本画 2年生
   木 彫 1年生
   籃胎蒟醬 3年生
   素 描 1年生
   造 形 2年生
   髹 漆 1年生

また、木曜日午後の「課題研究講座」では、外部講師を招くなどして下記のような講義や各種実習を実施しています。ただし、内容は年度により変更します。
   木工実習
   後藤塗・象谷塗実習(バックナンバー平成29年12月26日
   特別講義「玉楮象谷について」ほか
   特別講義「漆芸文化財の修復」(バックナンバー平成29年11月15日)
   茶 道(バックナンバー平成29年12月19日




香川県漆芸研究所
〒760-0017 香川県高松市番町1丁目10番39号
Tel:087-831-1814  Fax:087-831-1807
Copyright(c)Urushi Lacquer Ware Institute 2010.All rights reserved.