トップページ » 香川の3技法 » 蒟醤(きんま) » 存清(ぞんせい) » 彫漆(ちょうしつ)
香川の3技法
  • 受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます
  • 展示販売コーナー
  • 研究生・研究員・修了者の声
  • 香川県
  • 香川県立ミュージアム
  • 香川県文化会館
  • 香川県立高松工芸高等学校
 
香川漆芸は玉楮象谷(たまかじぞうこく)によって確立しました。彫刻刀や剣による彫りの技術と色漆の使用が香川漆芸の特徴であり、蒟醤(きんま)存清(ぞんせい)彫漆(ちょうしつ)の技法を「香川の3技法」といいます。
【蒟醤(きんま)】
蒟醤は、中国の「填漆」(漆を充填するという意味)の技法が、中国南方(四川・雲南地方)からタイやミャンマーに伝わり、室町時代末期ごろ、日本に伝来したものです。竹や木、乾漆などで形作った器物の上に漆を塗り重ね、蒟醤剣で文様を彫り込みます。そして、彫り込んだ溝に色漆を埋め、表面を平らに研いで余分な色漆を取り除き、意図した文様を表現する技法です。
語源は、タイ語の「キン・マーク」から来ています。「キン」は噛む、「マーク」は檳榔樹の実という意味です。タイやミャンマーでは、清涼剤として檳榔樹の実と貝灰(貝殻を焼いて粉末にしたもの)を混ぜ、「キンマ」という草の葉に巻いて噛む風習があります。そして、それらを入れる容器に施された線刻文様も「キンマ」と呼ぶようになったのです。

蒟醤の断面図

蒟醤制作工程を見る
【存清(ぞんせい)】
存清は、室町時代に日本に伝わり「存星」とも書きますが、香川県では玉楮象谷が用いた「存清」の文字を用いています。
漆を塗り重ねた器物に色漆で文様を描きます。そして、剣で輪郭や細部に線彫りを施し、彫り口の凹部に金粉や金箔を埋めて文様を引き立てる技法を鎗金細鉤描漆法といいます。玉楮象谷はこの技法で存清の作品を制作しています。
存清には、もう一つの技法があります。漆を塗り重ねた器物に彫刻刀で文様を彫り、彫り口に色漆を埋め炭で研いで平らにします。そして、剣で輪郭や細部に線彫りを施し、彫り口の凹部に金粉や金箔を埋めて文様を引き立てる技法を鎗金細鉤填漆法といいます。

存清の断面図

存清制作工程を見る
【彫漆(ちょうしつ)】
彫漆は、各種の色漆を数十回から数百回塗り重ねて色漆の層(100回で厚さ約3mm)を作り、その層を彫り下げることによって文様を浮き彫りにする技法です。彫りそのものによる立体感と彫りの深さによって変わる色の対照が、独特の美を生み出します。

中国の宋・元の時代に起こり、明代に盛んになりました。日本には室町時代に伝来し、玉楮象谷は、中国の漆器を模して日本的な彫漆技法を完成させました。
朱漆だけを塗り重ねたものを堆朱、黒漆だけを塗り重ねたものを堆黒といいます。現在では顔料の発達により様々な色漆が使われています。

彫漆の断面図

彫漆制作工程を見る


香川県漆芸研究所
〒760-0017 香川県高松市番町1丁目10番39号
Tel:087-831-1814  Fax:087-831-1807
Copyright(c)Urushi Lacquer Ware Institute 2010.All rights reserved.