選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
メニューをスキップして、このページの本文へ スタイルシートが無効なため文字サイズの変更できません

都市公園とは

公園には街角の公園や栗林公園など身近な公園から、皇居外苑、京都御苑など旧皇室庭園、島々の美しい瀬戸内海国立公園などいろいろなものがあります。ここでわかりやすく分類してみましょう。
まず、公園は大きく二つに分けることができます。ひとつは目的に応じて整備した公園、営造物公園です。
ひとつは自然景観を保全するために一定の区域を公園として指定し、土地利用の制限等をおこなう公園、地域制公園です。瀬戸内海国立公園など自然公園は美しい景観をまもる地域制公園です。
営造物公園のうち国や地方自治体が良好な都市環境を創出するため、都市公園法に基づき設置した公園を都市公園といいます。

都市公園法の図

※都市公園法<昭和31年法律79号>
第2条第1項で①都市計画施設である公園・緑地で国又は地方公共団体が設置するもの、②都市計画区域内において地方公共団体が設置する公園・緑地、と定義されています。

都市公園の役割

まちの公園にはいろいろな花や樹木など緑があり、樹木の枝々では小鳥がさえずり、木陰ではお弁当を広げる人、芝生では寝転がる人、公園は私たちにやすらぎとうるおいを与えてくれます。その他にもイベントや、スポーツなど私たちは普段なにげなく公園を利用しています。その他にも公園の役目はいろいろあります。
それでは、都市公園の主な役割を簡単にまとめてみましょう。

1.スポーツ・レクリェーション・文化活動の場

日頃の健康づくり、キャンプやアスレチックコースなどから専門競技までスポーツ・レクリェーションの場を提供します。また、自然観察など文化・教養を高められる場となります。


2.良好な環境の創出

公園の緑は空気をきれいにし、まちの景観を良くします。それによって人々の心を豊かにし、潤いを与えます。ヒートアイランド現象の緩和や地球温暖化防止の役目も果たします。


3.地域コミュニティーの形成の場

地域の人々が集まり語りあえるふれあいの場を提供します。
子ども会や地域のイベントなどをとおして地域のコミュニティーの形成にも貢献します。


4.防災活動の拠点

地震や火災などの災害時には避難場所や防災活動の拠点となります。
また、火災の延焼を防止する役目を果たします。

その他にも、さまざまな役割があり、都市公園は私たちの公共の財産です。

都市公園の種類

小さな街角の公園から国営讃岐まんのう公園まで、都市公園は機能、目的、利用対象などによって以下のように分類されます。
旧「児童公園」は制度の改正により、だれにも利用できる目的とした街区公園に含まれることとなりました。

公園種類リスト

都市公園の配置基準

基幹公園(街区、近隣、地区、運動、総合公園)の配置基準をモデル的に表すと次の図表のようになります。

配置基準 イラスト

※都市公園の配置及び規模の基準は、都市公園法施行令第2条(地方公共団体が設置する都市公園)及び第3条(国が設置する都市公園)に定められています。

香川の都市公園整備状況

香川県における一人あたりの都市公園面積は平成25年3月31現在、15.9㎡/人です。全国平均10.0㎡/人より5.9㎡/人上回っており、比較的公園と緑が多いと言えます。公園の種類別に比べてみると、風致公園や歴史公園、都市緑地などのその他公園(栗林公園、香東川公園、琴弾公園など)や国営公園(国営讃岐まんのう公園)の規模の大きい公園は水準が高く、身近な公園である住区基幹公園や都市基幹公園は逆に少ないことがわかります。

都市公園面積 グラフ図
ページトップへ移動