かがわアグリネットトップページに戻ります

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

現在地:トップページ > 食と農のトピックス

ポジティブリスト制度について

「ポジティブリスト制度をご存じですか」

 平成18年5月29日から食品衛生法の改正により、残留農薬についてポジティブリスト制度が導入されました。これにともない、農薬を始め動物用医薬品、飼料添加物の残留について、加工食品を含む全ての食品が幅広く規制されるようになっています。
 こうした背景から、農業者の間で気にされていることの多いポジティブリスト制度とその対策について具体的に解説します。このポジティブリスト制度を十分理解のうえ、農薬使用に際しては、適正な散布や周辺作物等への農薬の飛散防止に努めてください。

1 ポジティブリスト制度とは

  • ポジティブリスト制度とは、国内外で使用されている農薬のほとんどすべてについて基準が設定され、基準を超える食品の販売等を禁止する制度です。
  • これまでも、農薬が基準値を超えて残留している食品の販売等が禁止されていましたが、基準が設定されていない農薬は、規制の対象外でした。
  • ポジティブリスト制度の施行後は、これまで残留基準が設定されていなかった農薬について、国際基準等を参考に新たな基準が設定されたり、一律の基準(0.01ppm)が適用となり、これを超える食品の販売等が禁止されます。
(厚生労働省ホームページに掲載のQ&Aより)

2 農薬飛散防止対策あれこれ

  • 共通技術
    • ドリフト軽減ノズルの利用
    • 飛散防止シートの利用
    • ソルゴー等、障壁作物の栽培
    • 粒剤等、飛散しにくい農薬の利用
    • 周辺作物にも登録のある農薬や基準値の高い農薬への変更
    • 周辺作物にも考慮した収穫期の調整
    • 散布用具の十分な洗浄
    • 散布時の風力、風向に配慮した農薬散布
    • 近隣の生産者や住人等との事前打合せ
  • 作目別ドリフト軽減技術対策
    • 稲・麦
      • 他作物との境界の緩衝地帯設置
    • 施設野菜・果樹・花卉
      • ハウスサイドへの防虫ネットおよび防風ネットの常設
      • 天敵・生物農薬利用の促進
      • 夜行性害虫侵入防止目的の黄色蛍光灯利用
    • 露地野菜
      • べたがけ被覆資材の利用
      • 耕種的・物理的防除技術の導入
      • フェロモン剤の利用
    • 露地果樹
      • 水稲、野菜、果樹栽培の混在地区での防風ネットの常設
      • 水稲、野菜、果樹栽培の混在地区でのスピードスプレーヤの利用制限
      • 棚下利用の間作作物の栽培禁止
      • フェロモン剤の利用

※香川県・JAグループ香川で作成した啓発チラシ「農薬の散布にあたって」も併せて御覧下さい。

「農薬の散布にあたって」PDFはこちら(PDF:3.63MB)

3 農薬登録内容と基準値設定状況

※登録内容や基準値等設定状況は改正の都度変更がありますので、関連ホームページを参照下さい。

【登録内容を知りたいとき】農林水産省 http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/index.html

【基準値等設定状況を知りたいとき】財団法人日本食品化学研究振興財団 http://www.ffcr.or.jp/