ホーム > 組織から探す > 文化芸術局文化振興課 > 美術・漆芸・建築 > 「アートフェア東京2021」に香川県漆芸研究所が出展します

ページID:22029

公開日:2021年2月25日

ここから本文です。

「アートフェア東京2021」に香川県漆芸研究所が出展します

「アートフェア東京」は、毎年春に東京で開催されている、国内最大級の国際的なアートの見本市です。
国内外の厳選されたギャラリーが出展し、古美術・工芸・日本画から近代美術・現代アートまで、幅広いジャンルの作品が展示・販売されます。この「アートフェア東京2021」に、香川県漆芸研究所として、一昨年に引き続き2回目の出展をします。(昨年も出展予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響により「アートフェア東京」の開催が中止になりました。)

出展ブース名

「香川県漆芸研究所」

出展作家

県漆芸研究所修了生である漆芸作家2名の作品を出品します。

  • 加藤友理(2007年修了生)
  • 坂本征志(2007年修了生)

開催日時

一般会期:3月19日(金曜日)~21日(日曜日)12時~19時(21日は16時まで)
(入場受付は終了時間の30分前まで)

場所

東京国際フォーラム地下1Fロビーギャラリー「Crossing Section」

東京都千代田区丸の内3-5-1(JR・地下鉄有楽町駅より徒歩約1分)

入場料

香川県漆芸研究所ほか伝統工芸団体や百貨店等が出展する「Crossing Section」及び注目作家による個展形式の「Projects Section」(いずれも地下1F)は、入場無料。
一般的な画廊・ギャラリーが出展する「Galleries Section」(地下2F)は有料。

【有料セクションのチケット情報】

事前オンライン予約のみ4,000円(税込)。詳細は、アートフェア東京公式HP(https://artfairtokyo.com/2021/visitor_info)をご覧ください。

主催

一般社団法人アート東京、テレビ東京、BSテレビ東京、株式会社電通

出展者概要

国内外から141軒(国内137軒、海外4軒)の出展者が、質の高い絵画、彫刻、工芸、写真など多様なアート作品を展示・販売します。香川県漆芸研究所が出展する「CrossingSection」には12軒が出展するほか、「Galleries」には115軒、「Projects」には14軒が出展します。

このページに関するお問い合わせ

政策部文化芸術局文化振興課

電話:087-832-3785

FAX:087-806-0238