選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

知事ブログ

平成26年10月17日(金曜日)

「イオンモール名古屋茶屋『石川県&香川県フェア〜美・味の共演〜』に参加しました」


 10月11日(土曜日)から13日(月曜日・祝日)にイオンモール名古屋茶屋で開催した「石川県&香川県フェア〜美・味の共演〜」に出席しました。

イオンモール名古屋茶屋「石川県&香川県フェア〜美・味の共演〜」」

 香川県と石川県は、県名も似ていますが、どちらも栗林公園と兼六園という特別名勝を有し、伝統工芸や芸能文化などについても共通点が多いことから、両県間で観光パートナーシップ協定を締結しています。
 今回のフェア(会期3日間)は、この協定に基づく合同観光&物産PRイベントです。
 「今度の旅は○川県へ!」というコンセプトで、観光PRはもちろん、各県自慢の旬の県産品の販売、グルメ屋台、伝統工芸品の展示、キャラバン隊やご当地キャラクターのステージイベントなど、コーナーごとに工夫を凝らし、両県の魅力を紹介しました。


イオンモール名古屋茶屋「石川県&香川県フェア〜美・味の共演〜」

 開催記念セレモニーでは、会場にお集まりの皆さまに、イオンの「折込み広告」をお見せしながら、「讃岐うどん」はもちろん、県産フルーツや讃岐牛、オリーブハマチ、オリーブ加工食品、希少糖関連商品など、店頭に並んだ香川県産の「美味しい」、「すてきな」産品が選ばれるよう、しっかりセールスをしました。
 特に希少糖には、血糖値上昇を抑制する効果があることなど、全国で注目されている理由を説明するともに、香川県発であることを十分アピールしました。


イオンモール名古屋茶屋「石川県&香川県フェア〜美・味の共演〜」

 また、今年は弘法大師空海ゆかりの四国霊場が開創1200年の節目の年に当たることから、フェア会場に「お砂踏み」(注)体験コーナーを設けていることなどもご案内したほか、12月13日(土曜日)、14日(日曜日)に高松市で開催予定の、全国の御当地うどんを集めた「年明けうどん大会」に、愛知県や石川県の御当地うどんにもご参加いただくことや、うどん県副知事の要潤さんが連日ステージイベントに出演することをご披露しました。 


 今後ともこのような機会を積極的に活用して、大都市圏の皆様に香川県の魅力をしっかりとお伝えしていきます。


(注)お砂踏みとは、四国八十八カ所霊場各札所の「お砂」をそれぞれ集め、その「お砂」を札所と考えて「お砂」を踏みながらお参りすることです。そのご利益は、実際に遍路をしたことと同じであるといわれています。







浜田知事の顔写真

香川県知事 浜田恵造



 

平成27年

 

平成26年

 

平成25年

 

平成24年

 

平成23年

 

平成22年


現在地:ホーム>知事のページ>知事ブログ>「イオンモール名古屋茶屋『石川県&香川県フェア〜美・味の共演〜』に参加しました」(26-10-21)
〒760-8570 香川県高松市番町四丁目1番10号
代表電話: 087-831-1111 (直通電話番号一覧) 開庁時間:平日 8時30分〜17時15分
香川県 県章