選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

知事コメント

平成25年8月28日(水曜日)

「香川県地震・津波被害想定(第二次公表)について」知事コメント


 本日、「香川県地震・津波被害想定(第二次公表)」として、第一次公表(平成25年3月31日)で示した震度分布や津波浸水想定等を基に、発災直後の人的・物的被害等について推計した結果を公表しました。

 このうち、南海トラフの最大クラスの地震が発生した場合には、最大で、死者が 6,200人、建物被害数が35,000棟になるなどの推計結果となりました。さらに、直下型地震の「中央構造線」や「長尾断層」の地震についても人的・物的被害等を公表しました。

 また、南海トラフの最大クラスの地震を例に、建物の耐震化を 100%にした場合には全壊棟数が約11分の1に、地震発生後直ちに避難すれば、津波による死者数が約23分の1に軽減されるなどの減災効果も推計しました。

 県民の方々には、公表結果だけにとらわれずに建物の耐震化や家具類の転倒防止対策、避難場所や避難経路の確認など、事前の備えに、より一層努めていただきたいと考えています。そうすることで、被害は確実に減らすことができます。

 「南海トラフの発生頻度の高い地震」については、国において最新の知見を踏まえた断層モデルの検討が行われていると聞いております。今後、県では、専門家で構成された「香川県地震・津波被害想定調査委員会」のご意見をいただきながら、国から公表される「南海トラフの発生頻度の高い地震」のモデルについて検証した上で、人的・物的被害の推計を行うとともに、時間の経過とともに被害がどのように推移するかを示す被害シナリオや今後の地震・津波対策の方向性等について取りまとめることとし、それらを踏まえ、引き続き、防災・減災対策を着実に推進し、被害をゼロに近づけ たいと考えています。


 香川県知事 浜田恵造  




・

香川県知事

浜田恵造



   

平成27年

 

平成26年

 

平成25年

 

平成24年

 

平成23年

 

平成22年


現在地:ホーム>知事のページ>知事コメント>「所得税の源泉徴収不足額の納付について」知事コメント(25-8-2)
〒760-8570 香川県高松市番町四丁目1番10号
代表電話: 087-831-1111 (直通電話番号一覧) 開庁時間:平日 8時30分〜17時15分
香川県 県章