ホーム > 組織から探す > 畜産課 > 畜産業総合 > トピックス > 中国で出願された商標「讃岐牛」に対する異議申立ての実施について

ページID:16566

公開日:2020年8月14日

ここから本文です。

中国で出願された商標「讃岐牛」に対する異議申立ての実施について

中国商標局に出願され、現在、異議申立て期間中である商標「讃岐牛(さぬきうし)」に対して、香川県農業協同組合、香川県食肉事業協同組合連合会、香川県の3者は、中国商標局に異議申立てを行いました。

1 中国で出願されている商標について

  • 商標:讃岐牛
  • 申請日:2019年11月26日
  • 国際分類:第29類、第35類、第43類
  • 指定商品:
    • 第29類:肉,スライス肉
    • 第35類:輸出入に関する事務の代行又は代理,販売促進のための企画及び実行の代理,広告宣伝,事業の管理に関する助言
    • 第43類:簡易食堂における飲食物の提供,ホテルにおける飲食物の提供,レストランにおける飲食物の提供,和食の提供
  • 出願人:中山区東洋服飾店
  • 公告日:2020年5月13日
  • 異議申立て期間:公告の日から3か月以内(2020年8月13日まで)

※中国商標局の公告文は、別紙のとおり

2 異議申立て

1)異議申立て人

  • 香川県農業協同組合(代表理事理事長 木内 秀一)
  • 香川県食肉事業協同組合連合会(会長 二川 隆一)
  • 香川県(担当課:農政水産部 畜産課)

2)異議申立て実施日

8月13日(木曜日)

3)異議申立てを行う理由

当該商標が登録されると、県内事業者の今後の事業活動に支障を生じるおそれがあるため。

4)主な異議申立ての根拠

  • 「讃岐」は中国でよく知られた地名である。
    (中国商標法第10条第2項では、公衆に知られている外国地名は、商標とすることができないと規定されています。)
  • 「讃岐牛」は日本の地域団体商標を取得している。
    (中国商標法第16条では、地理的表示を含む商品は、当該表示に示された地域に由来するものでないときは、商標とすることができないと規定されています。)

5)異議申立ての裁定

中国商標局に異議を申し立ててから裁定が出るまでに1年から1年半程度かかる見込みです。

ダウンロード

中国公告文(JPG:186KB)

このページに関するお問い合わせ

農政水産部畜産課

電話:087-832-3427

FAX:087-806-0204