発見!介護の魅力|香川県 平成28年度 介護の仕事理解促進事業

メニューを開く

玉藻中学校 × 法寿苑

専門職の知識や技術を活かすため介護職員は重要 利用者の傍にいるからできること

玉藻中学校の生徒6人が、高松市にある「特別養護老人ホーム法寿苑」を訪れました。
入浴介助の体験を通して介護職員さんの仕事内容を理解したり、いろんな専門職のスタッフから介護職員さんの重要さを教えていただきました。

参加してくれたのは…玉藻中学校の生徒6人

今回、取材したのは…社会福祉法人光志福祉会 特別養護老人ホーム ネムの木

介護職員さんが質問にお答えします

答えてくれたのは…

Q. 入浴介助ではしっかりと声かけをしていますが、
具体的にどんな声かけをしているの?
A. 今から何を介助するのか、内容を伝えると利用者さんも
安心して任せてくれる。
  • 苅田/ 何を介助するのかを知らせずに介助を行うと、利用者さんが不安になるので、普段の生活も入浴の時も「今から頭を洗いますね」「耳を塞ぎましょうか」など、一つ一つの声かけを丁寧に行っています。
  • 岩中/ 利用者さんと同じ高さの目線で話をするということが基本です。また、人生の先輩でもある利用者さんを敬い、できるだけ敬語を使うようにしています。
Q. 夜勤はどんなことをしているの?
A. 利用者さんの夜間の介助。
  • 岩中/ 夜から翌朝までが夜勤で、就寝中の利用者さんの様子を確認したり、お手洗いについて行くなど、夜間の介助を行います。
Q. 介護の仕事を長く続ける秘訣は?
A. 人との関わりを楽しみ、信頼関係を築くこと。
  • 苅田/ 人との関わりを楽しむこと。毎日、利用者さんと関わって話をしたり、介助をさせていただくことがとても楽しいですし、人と関われるということがすごく幸せです。
  • 瀧本/ 利用者さんの笑顔や「ありがとう」の言葉を聞くと嬉しくて、それが支えとなっています。
  • 池添/ この職業は人との関わりが大切な仕事だと思っていますので、利用者さんやご家族、スタッフ全員が信頼し合える関係を築くことが大切です。
  • 三宅/ 人と接することが好きだと、仕事も長く続けられると思います。
Q. 専門職から見た介護職員さんは?
A. 利用者さんと近く、多くの時間を共有する介護職員から
日々の報告をもらえるからこそ、私たち専門職が
サポートできる。
  • 三宅/ 現場から一人一人の体調を聞くことで、その人に合わせた食事を出せます。これも介護職員がいて、きちんと報告をしてくれるからだと思います。
  • 八十川/ 現場にいる介護職員は、利用者さんの体調の変化や日々の変化の違いなど本当に細かなところまで気がついているので助かります。
  • 瀧本/ 利用者さんと日常を共にしている介護職員が、一人一人しっかりとチェックしてくれるので、利用者さんの体調管理を早めに行うことができます。
  • 池添/ 毎日、利用者さんの体調などを介護職員から報告してもらっています。常に介護職員から細かな報告や指示を出してもらうことによって、現場にいないスタッフが利用者さんのことを理解・イメージできるのは、介護職員のおかげです。
インタビュー映像

生徒のお手伝い風景や実際にインタビューをした様子をご覧いただけます。

TOPぺージにもどる

香川県健康福祉部長寿社会対策課 介護人材グループ 〒760-8570 香川県高松市番町四丁目1-10 電話:087-832-3267,087-832-3275

ページTOPへ