『香川の道路』高松自動車道の4車線化

香川の道路 香川県土木部 道路課
 
現在地: 香川の道路 > 高規格幹線道路 > 高松自動車道の4車線化完成
 


高松自動車道の4車線化完成


 高松自動車道は、平成15年3月に全線開通して以来、交通量は年々増加し、平成28年度の白鳥大内ICから津田東IC間における平均日交通量は約1万7千台と、全線開通当初の約2倍に増加しています。
 高松東ICから鳴門ICの暫定2車線区間は、対面通行による重大事故やゴールデンウィークなどに大渋滞が発生していました。
 このため、平成24年4月、国土交通大臣から当区間の4車線化事業の許可が出され、西日本高速道路株式会社(NEXCO西日本)において整備が進められ、平成31年3月に事業が完成しました。
 これにより、交通事故防止、災害時の緊急輸送路としての機能強化、渋滞抑制など県民生活や社会経済活動に大きな効果をもたらすことが期待されています。


   高松自動車道の4車線化事業概要
    ・概算事業費 : 約760億円
    ・施行区間 : 高松市境〜鳴門IC L=52km
            (香川県側 L=36km、徳島県側 L=16km)
    ・施行方式 : 会社施行方式
    ・工事期間 : 平成24年度〜平成30年度


【参 考】
 NEXCO西日本ホームページ
 高松自動車道(高松市境〜鳴門IC) 4車線化 建設進捗情報
 
http://corp.w-nexco.co.jp/activity/open_info/progress/individual/32/



高松東IC〜鳴門IC区間の4車線化による効果