下水道の概要

  1. TOP
  2. 下水道の概要
  3. 普及啓発活動

普及啓発活動

令和2年度(2020年度)の普及啓発活動について ※中止に関する御案内

これまで「下水道の日(9月10日)」にあわせて、大型商業施設で実施していた下水道の日PR活動について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、令和2年度は中止します。

 例年、多くの方に御参加いただいており、楽しみにされていた皆様には誠に申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願いいたします。

 

「下水道の日」のいわれ   引用:日本下水道協会資料

「下水道の日」は、1961年(昭和36年)、著しく遅れているわが国の下水道の全国的な普及(当時の普及率:6%)を図る必要があったことから、このアピールを全国的に展開するため、当時の下水道を所管していた建設省(現在の国土交通省)、厚生省(現在は環境省に所管変更)と日本下水道協会の前身団体が協議して「全国下水道促進デー」として始まりました。
 それから約40年が経過し、日本における近代下水道の基である旧下水道法が制定された1900年(明治33年)から100年を迎え、その記念行事が行われたこと、また、2001年(平成13年)が21世紀のスタートの年にあたることなどから、近年の下水道に対する認識の高まりもあり、この際、より親しみのある名称として「下水道の日」に変更されることになったものです。
 また、9月10日と定められたのは、下水道の大きな役割の一つである「雨水の排除」を念願に、台風シーズンである210日を過ぎた220日(立春から数えて)が適当であるとされたことによるものです。

これまでの県における啓発活動

「9月10日」は全国一斉の「下水道の日」であり、下水道の役割や必要性についての県の職員を中心に県内市町や国土交通省の職員も参加して、下水道のPR活動を実施しています。

【これまでの街頭PR活動場所について】
H17年度〜H19年度:オリーブスタジアム(県営球場)やJR高松駅・ことでん瓦町駅
H20年度〜H27年度:JR高松駅構内
H28年度〜H30年度:高松市内の大型商業施設
      R1年度:綾川町内及び高松市内の大型商業施設

  
※下水道事業普及PRグッズ (左側:紙コースター、右側:缶バッチ)

(公財)香川県下水道公社における啓発活動※施設見学を一時休止しております。

下水道への理解を深めていただくために、各浄化センターで施設見学者を受け入れています。

夏休み期間中には小学生親子を対象とした「夏休み親子見学会」を開催していますので、ご希望の方はご参加ください。

お問い合わせ/大束川浄化センター TEL 0877(46)2016、金倉川浄化センター TEL 0877(32)6005

市町における啓発活動

高松市では、H26年度は牟礼浄化苑において「親子上下水道教室」を開催しました。

宇多津町では、小学校において下水道の授業を行いました。その他各市町においてもポスター展等を行い、下水道のPRを実施しています。