下水道事業の計画と現況

  1. TOP
  2. 下水道事業の計画と現況
  3. 各市町整備状況
  4. 綾川町

綾川町

概要

綾川町は、平成18年3月21日に2町の合併により誕生した人口約2万4千人、面積約110㎢の新しい町である。町の南部には山林が広がり、北部は小山に囲まれた起伏の多い丘陵地で形成されている。町名の由来ともなった清流綾川は、南東部の山中に源を発して北西部に流れ、府中湖を経て坂出市に流入している。綾川上流の柏原渓谷は讃岐百景の一つになっており、水と緑の豊かな美しい自然が広がっている。

流域関連特定環境保全公共下水道

①旧綾上町(流域関連特環)

旧綾上町の下水道事業は、中讃流域下水道(大束川処理区)関連の特定環境保全公共下水道として、綾川沿線の人家連坦密集区域を中心に整備を進めている。 平成5年度に事業認可を受け、平成6年度より工事に着手、その後順調に中讃流域下水道(大束川処理区)の幹線管渠の整備も進み、平成12年6月1日に供用開始となっている。

②旧綾南町(流域関連特環)

旧綾南町の下水道事業は、昭和62年度に中讃流域下水道(大束川処理区)の流域関連公共下水道として基本計画を策定して以来、平成4年度認可、平成5年度着工、平成11年5月10日に供用開始している。

資料

水道推進標語コンクール
滝宮念仏踊り

旧綾上町
スイセン・モミジ

旧綾南町
うめ