下水道に係る水質基準及び規制

  1. TOP
  2. 下水道に係る水質基準及び規制
  3. 下水道へ排除する下水の水質について

下水道へ排除する下水の水質について

下水道法における水質規制

公共下水道へ排除する下水の水質については、下水道法において次のとおり規制されている。

  • (1)下水道施設の機能を妨げ、又は施設を損傷するおそれのある下水を、継続して排除して公共下水道を使用するものに対し、公共下水道管理者は下水道条例で除外施設の設置を義務づけることができる。
  • (2)終末処理場からの放流水の水質基準に適合させることを困難にさせるおそれのある下水の水質規制は、特定事業場を対象として直罰規制を行う法第12条の2と、非特定事業場を対象として条例で除外施設の設置を義務づける法第12条の11がある。
  • (3)法第12条及び第12条の11に基づく条例で定める下水道への排除基準に適合しない水質の下水を公共下水道に排除している者については直罰制度は適用されないが、下水道法の規定による許可又は承認の取消等の監督処分が行われ、命令に違反した場合は罰せられる。
下水道法における水質規制のしくみ
下水道法における水質規制のしくみの図

資料