公共用水域の水質

  1. TOP
  2. 公共用水域の水質
  3. 水質環境基準

水質環境基準

水質環境基準

環境基本法第16条第1項において、人の健康を保護し、生活環境を保全する上で望ましい基準を定めることを規定している。

この規定に基づき、公共用水域の水質汚濁に係る環境基準については、「人の健康の保護に関する環境基準(健康項目)」と「生活環境の保全に関する環境基準(生活環境項目)」が定められている。

このうち、「人の健康の保護に関する環境基準」については、その性格上、全ての公共用水域に適用され、直ちに達成維持されるように努めることと定められている。また、「生活環境の保全に関する環境基準」については、河川、湖沼、海域ごとに利用目的や立地状況等に応じて水域類型を指定し、それぞれの基準が適用される。

公共用水域とは、河川、湖沼、港湾、海岸海域、その他公共の用に供される水域及びこれに接続する公共溝渠、かんがい用水路その他公共の用に供される水路(公共下水道及び流域下水道であって、終末処理場を設置しているものを除く。)をいう。